ホーム > すまいる山形暮らし情報館(山形への移住情報) > 移住・交流ツアー、体験プログラム > 移住・交流ツアー、体験プログラム

移住・交流ツアー、体験プログラム

 

 移住体験プログラム

◆ 山形県へのお試し移住(試住)の記事が掲載されました♪ ◆ 

 WEBマガジン「雛形(ひながた)」に、山形県へのお試し移住(試住)の記事が掲載されました♪
東京でグラフィックデザイナーとして活動されている北原さんが、本県の村山市の ゲストハウスで暮らしを体験!
地元の皆さんや、県内で活動するクリエイターのかた達と交流しながら、くらし・しごと・魅力等をレポートいただいています。
・vol.1《物件さがしの巻》
・vol.2《地域のデザイン事務所におじゃましますの巻》
・vol.3《おいしいデザインを探るの巻》

このページのトップへ戻る


◆最上町◆ 最上町暮らし体験

 最上町への移住・定住に興味・関心のある方に、町での暮らしを試していただく、お試し体験を実施しています。3泊4日のmogami-bito体験でmogami-bito生活を体感してみませんか。
【体験期間】3泊4日(月~木)4日間 
【対象者】最上町への移住・定住を検討されている山形県外の方
※就農、起業、協力隊希望の方も大歓迎です。
【宿泊場所】 簡易宿泊施設おらだずの宿「りんどう」
【参加費】8,000円 宿泊費3泊4日(素泊まり・自炊)
※上記素泊まりの宿泊費以外は実費となります(最上町までの往復の交通費、暮らしお試し体験期中の交通費や食費等)
【内容】最上町の紹介、町内の空き家情報登録物件の紹介など、プランはご希望により変更可能です。
【問合せ】最上町定住促進センター(最上町総務課まちづくり推進室内)
TEL:0233-43-2261 FAX:0233-43-2345   E-mail:machizukuri@mogami.tv
※詳しくはチラシ関連ホームページをご覧下さい。

このページのトップへ戻る


 

 

◆山形県飛島 島暮らし体験プログラム

 飛島の旅館や民宿に滞在しながら仕事と暮らしを体験し、島の人々と交流する体験プログラムです。
【体験期間】1~4週間(5月下旬~8月下旬) 
【募集人数】15名程度
【参加費用】旅館・民宿の宿泊費(朝夕食付)と定期船とびしまの往復運賃は主催者が負担します。
定期船乗り場までの往復交通費や交流会参加費、昼食代等は参加者の負担となります。
※仕事体験については、報酬の支払いはありません。
【参加資格】島暮らしに興味関心がある18~65歳(応相談)
【問合せ】 合同会社とびしま TEL:0234-96-3800 E-mail:ogawa@tobi-shima.com
※詳しくはチラシ関連ホームページをご覧下さい。

このページのトップへ戻る


 

 

◆山形市新規就農短期体験フリープラン

 山形市内で農業をはじめたい方、農業に関心をお持ちの方に短期間の就農体験をしていただく研修です。研修プランは参加者のご都合に合わせて作成します。
【研修期間】1日~5日以内 
【募集定員】15名(先着順、はじめて参加する方優先)
【参加費用】無料(交通費、宿泊費、保険代は自己負担)
【対象者】 山形市内で就農を考えている満70歳までの方
※詳しくは募集要項申込書をご覧下さい。

このページのトップへ戻る


 

 

 移住・交流ツアー

◆遊佐町◆ いなか暮らしゆざ体験ツアー2017「筍採りものがた里」【申込締切:平成29年4月19日(水)】

 春の移住体験ツアーです。町内の空き家バンク物件や、お試し体験住宅の見学ができます!
出羽国一宮鳥海山大物忌神社の例大祭に合わせて、春の味覚である「筍(孟宗竹)」を堪能するプランとなっています。
【催行日】5月3日(水・祝)~5日(金・祝)<2泊3日>
【集合解散地】 遊佐町現地発着(JR遊佐駅集合)
集合:15:00<5/3(水・祝)> 解散:14:00<5/5(金・祝)>
【参加費】大人/10,000円 子供(小学生)/6,000円
【申込締切】4月19日(水)
【定員】10名(先着順) ※2名様以上でお申込みください。
【ご宿泊】四季の森「しらい自然館」(山形県飽海郡遊佐町白井新田字見晴野2)
【問合せ・申込み】NPO法人いなか暮らし遊佐応援団
TEL:0234-43-6941 FAX:0234-43-6855 E-mail:inakagurashi@yuza-iju.com
※詳しくはチラシ関連ホームページをご覧下さい。


このページのトップへ戻る


トップページへ戻る

 

 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション