ホーム > 産業・観光・しごと > 労働・雇用 > 雇用対策 > 令和元年度後期技能検定を実施します

令和元年度後期技能検定を実施します

技能検定は職業能力開発促進法に基づき、技能や知識を一定の基準によって検定し、それを公に証明する国家検定制度です。
合格者には、特級、1級及び単一等級は厚生労働大臣名の、2級及び3級は山形県知事名の合格証書が交付され、「技能士」と称することが出来ます。

また、平成31年4月1日時点で「35歳未満の方」の2級及び3級に係る実技試験受検料を最大9,000円軽減しています。

若手技能者の皆さん、是非、この機会に技能検定制度を活用しましょう!

試験日

 実技試験:令和元年12月6日(金)~令和2年2月16日(日) ※この期間のうち、指定した日
 学科試験:令和2年1月26日(日)、2月2日(日)、5日(水)、9日(日) ※いずれか指定した日

試験会場

実技試験、学科試験とも試験を実施する日時、会場等は受検票でお知らせします。

受検案内・申請書の配布及び受付先(受検手数料のご案内含む)

 山形県職業能力開発協会 

〒990-2473 山形市松栄2-2-1  電話 023-644-8562   FAX 023-644-2865 

受検申請受付期間

 令和元年10月7日(月)から10月18日(金) ※土日・祝日を除く。郵送の場合は、10月18日消印有効。

合格発表

 令和2年3月13日(金)

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ