ホーム > 地域情報 > 村山地域の情報 > 村山地域のくらしに関する情報 > 保健・衛生 > 若者の健康支援事業

若者の健康支援事業

村山総合支庁では、若い世代に対し、妊娠や出産、不妊に関する正しい知識について普及、啓発するための事業を行っています。

 

若いうちに、妊娠・出産を含めた健康についての正しい知識を学び、考える機会を持つことは、大切なことです。

また、それらの知識を持つことは女性だけでなく男性にとっても、自分が望む将来像を描く際に非常に大切になってきます。

 

【啓発の内容】

・ライフデザインと健康管理について

・妊娠と出産(妊娠適齢期)

・異性への理解と思いやりについて

・不妊症について

・妊娠相談・不妊相談窓口について

 

若者のためのセルフケアセミナー

大学等に産婦人科医師もしくは助産師を講師として派遣し、講演会を実施します。

 

~参加者の声~

・将来のために今からきちんとした生活を送り、正しい知識を持って過ごしたいと思いました。

・自分の身体を良く知るため、基礎体温を付けてみようと思いました。

・改めて、ライフプランを主体的に立てることが大切だと知った。

・妊娠・出産とは女性だけでなく男性にも関係あることであり、一度きりの人生の出来事なので、大切にしたいと思いました。

・自分のことを大切にして、他人のことを幸せにしてあげられるようにしたいと思いました。

 

職員出前講座

大学等に職員(保健師)がうかがい、出前講座を行います。

ゼミや、クラスなどの小さな集団へのミニ講座も可能です。

 

啓発リーフレット

 山形県では、妊娠・出産・不妊等について、今、知っておいてほしいこと、今、考えてほしいことをまとめたリーフレットを作成しております。

男女ともに考えてみませんか?~妊娠・出産のこと~(県庁子ども家庭課のページにリンクしています)

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2018-01-19作成