ホーム > 地域情報 > 村山地域の情報 > 村山地域のくらしに関する情報 > 保健・衛生 > 村山保健所検査課 【精度管理】

村山保健所検査課 【精度管理】

検査課トップボタン業務案内ボタン検査受付ボタン検便検査ボタン食品検査ボタン手指器具ボタン浴槽水検査ボタン精度管理ボタン青検査の様子ボタンよくある質問ボタン村山保健所トップボタン

食品検査の信頼性確保(=GLP)と精度管理について

 食品の収去検査において検査結果の信頼性を確保するためにGLP(Good Laboratory Practice:優良試験所規範)を導入しています。検査に使う機械器具、試薬、検査の作業手順や記録方法などについて具体的な管理基準を定め、関係する記録を残すことで試験検査の信頼性を保証していくシステムです。

 また、試験検査した測定値結果が正しくて信頼できるものであることを保証し、管理することを精度管理といいます。具体的には、検査機器の保守点検、検査担当者の検査技能の評価、検査結果の記録及び保管などを管理し、それらを内部精度管理や外部精度管理によって客観的に評価することを指します。

検査体制及び信頼性確保体制について

信頼性確保部門(山形県食品安全衛生課)

  検査部門の試験検査業務が適正かつ確実に行われていることを点検、確認するなどの責務を負っています。

  

検査部門

  通常の試験検査業務のほか、信頼性確保部門の責任者が決めた方法に従って、検査課の組織体制の中で検査担当者の検査技能を客観的に評価する(内部精度管理)ことで、検査の信頼性を確認しています。

検査体制図 村山保健所では、所長、検査部門責任者、理化学区分責任者、微生物額的区分責任者、検査担当者で構成されている。 

 

精度管理について

 

内部精度管理 【村山保健所検査課】

   ・各検査担当者の技能評価(学校内で行われる定期試験のようなものです。)  
技能評価
        ※課題には、通常の試験品、添加量の明らかな試験品、正しい値を伏せた試験品のひとつが用いられます。

外部精度管理 【一般財団法人食品薬品安全センター】・・・食品検査のGLP対応施設

村山保健所検査課では、毎年、同センターが実施する「食品衛生外部精度管理調査」に参加し、課題として送付された食品から特定細菌の検索(場合にによっては食品中の生菌数の算出)又は食品添加物の検索(場合によっては添加量)ができるかどうかの試験を受けて、問題が無いことを確認しています。(全国一斉の実力試験を受けるようなものです。)

 

 外部精度管理

 

検査課トップへ戻る

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2015-03-30 新規作成
  • 2015-12-10 ナビボタンを追加しました。
  • 2017-11-01 図の位置の入れ替え