ホーム > 地域情報 > 最上地域の情報 > 最上総合支庁からのお知らせ > 市町村情報 > 最上(もがみ)地域の景観

最上(もがみ)地域の景観

山形県の最上地方(1市4町3村)は、総面積の8割が豊かな森林です。

その豊かな森林には、全国でも有数の巨木たちが息づいています。代表的な巨木を紹介します。

石動神社の親杉

大三輪の大杉

↑ 石動神社の親杉(新庄市)

県の天然記念物。

幹周7.7m  樹高38m 樹齢1000年以上

↑ 大美輪の大杉(金山町)

日本最大級の人工林。

幹周4.8m  樹高59m 樹齢約240年

東法田の大アカマツ

念仏の松

↑ 東法田の大アカマツ(最上町)

環境省巨樹巨木林調査第1位

幹周7.7m  樹高22m  樹齢500~600年

↑ 念仏の松(舟形町)

町指定天然記念物。

幹周4.5m  樹高15m  樹齢500年以上

女甑山の大カツラ

岩神権現のクロベ

↑ 女甑山の大カツラ

林野庁「森の巨人たち100選」選定樹

幹周13.4m 樹高25m 樹齢1000年以上

↑ 岩神権現のクロベ(大蔵村)

林野庁「森の巨人たち100選」選定樹

幹周12.2m  樹高25m  樹齢200~300年

小杉の大杉

幻想の森

↑ 小杉の大杉(鮭川村)

村の天然記念物。

幹周5m   樹高15m   樹齢700~800年以上

 ↑ 幻想の森(戸沢村)

土湯杉(神代杉)の奇形木が群生をなしている巨木の森。

幹周12~13m  樹高30m  樹齢不明

 

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2013年12月9日 掲載