ホーム > 目的でさがす > イベント・講座・募集 > 講座・研修・セミナー > 平成30年度高齢者生きがいづくり・生活支援人材育成事業について

平成30年度高齢者生きがいづくり・生活支援人材育成事業について

高齢者が住み慣れた場所で安心して暮らせる地域づくりのため、高齢者の生きがいづくりや生活支援活動に参加する担い手を育成する講座を開催しています。

本講座は、入門・実践・ステップアップ・フォローアップ講座からなり、公益財団法人山形県生涯学習文化財団への委託により実施します。

入門講座「支え合いの仕組みづくりを考えるフォーラム」

概ね55歳以上の方を主な対象に、高齢化社会の現状や、生きがいづくり・生活支援活動の必要性、地域住民が主体となる新しい高齢者の居場所づくり等について学ぶ入門講座です。

講演のほか、事例研究・パネルディスカッションを行います。

基調講演 

 演題 「住み慣れた地域でいつまでも元気で暮らすために」

 講師 一般財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会 医療経済研究機構 

     研究部 研究員 兼 研究総務部 次長 服部 真治 氏  

事例研究・パネルディスカッション

 テーマ「シニアが主役!地域共生社会の推進のために」

 ファシリテーター

 パネリスト 

 

H29入門講座(村山)写真H29入門講座(庄内)写真

村山会場              庄内会場

※ 平成29年度の様子

日時・会場・定員

地区日時会場定員
村山

平成30年7月21日(土)

13時から17時

山形県生涯学習センター遊学館 第1研修室

(山形市)

100名
庄内

平成30年7月22日(日)

13時から17時

 庄内町余目第二公民館(庄内町)

 100名

開催要項・ちらし等

開催要項等については、次のファイルをご覧ください。

 「支え合いの仕組みづくりを考えるフォーラム」開催要項【PDF 160.2KB】 

  支え合いの仕組みづくりを考えるフォーラム」ちらし 【PDF 750.2KB】 

実践講座「支え合いの仕組みづくり」担い手養成講座 

入門講座受講者等が、自らの生きがいづくりとともに、生活支援の担い手として生活支援活動を行うために必要な運営や企画立案を学ぶ実践講座です。詳細が決まり次第改めてお知らせします。

 

ステップアップ講座 

移動支援や食事提供等のニーズに対応できるよう知識や技術の向上を図る講座です。詳細が決まり次第改めてお知らせします。

フォローアップ講座

実践講座の受講生が、講座を通じて体験した生きがいづくり活動や生活支援活動、または講座終了後に行っている自らの活動等について発表し、意見交換や課題の整理を行います。 詳細が決まり次第改めてお知らせします。

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ