ホーム > 目的でさがす > イベント・講座・募集 > その他募集(コンクール、県民運動など) > 「山形県郷土館及び県政史緑地」の指定管理者の募集及び指定について

「山形県郷土館及び県政史緑地」の指定管理者の募集及び指定について

山形県郷土館(文翔館)及び県政史緑地の指定管理者を下記のとおり募集し、指定しました。

1 施設の名称及び所在地

(1)名称

山形県郷土館(愛称:文翔館)及び県政史緑地

(2)所在地

山形市旅篭町三丁目4番51号

2 指定の期間

平成29年4月1日から平成34年3月31日まで

3 申請に必要な資格

県内に主たる事務所(本店)を有する法人その他の団体(以下「法人等」という。)で、次に掲げる要件を全て満たすものであること。 

(1)地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第11行の規定による指定の取消しを受けたことがないこと。ただし、合併、分割等による法人格の変更等により再度指定の手続が行われたことに伴う指定の取消しを除く。

(2)地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4(同条を準用する場合を含む。)の規定により、本県における一般競争入札又は指名競争入札の参加を制限されていないこと。

(3)山形県から指名停止措置を受けていないこと。

(4)国税及び地方税の滞納がないこと。

(5)会社更生法(平成14年法律第154号)又は民事再生法(平成11年法律第225号)の規定に基づく更生又は再生手続を行っていないこと。

(6)山形県郷土館及び県政史緑地の指定管理者又は指定管理者であった者のうち重大な協定違反をした者については、県が協定違反の事実を知ったときからその後最初に行う山形県郷土館及び県政史緑地の指定管理者の募集に対する応募でないこと。

(7)次のいずれにも該当しないこと(地方自治法施行令第167条の4第1項第3号に規定する者に該当する者を除く。)。

イ 法人等の代表者等(法人の場合は法人の役員(非常勤役員を含む。)、支配人及び営業所の代表者、団体の場合は理事等法人の場合と同様の責任を有する者を含む。)が暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)又は暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者(以下「暴力団員等」という。)であること。

ロ 暴力団員等がその事業活動を支配していること。

ハ 暴力団員等をその業務に従事させ、又はその業務の補助者として使用するおそれがあること。

(8)共同企業体が申請する場合は、当該共同企業体の全ての構成員が(1)から(7)までの要件を全て満たすほか、当該共同企業体の構成員が、他の共同企業体の構成員として又は単独で申請していないこと。

4 募集要項の配布期間及び配付場所 ※配布は終了しました。

(1)配付期間

平成28年6月7日(火)から同年7月19日(火)まで(土曜日、日曜日及び祝日を除く。)の午前8時30分から午後5時15分まで

(2)配付場所

山形県企画振興部県民文化課文化振興担当

郵便番号990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号023-630-2306

5 申請書の受付期間及び受付方法 ※申請書の受付は終了しました。

(1)受付期間

平成28年6月21日(火)から同年7月19日(火)まで(土曜日、日曜日及び祝日を除く。)の午前8時30分から午後5時15分まで

(2)受付方法

4の(2)に掲げる場所に持参又は郵送すること。ただし、郵送の場合は、簡易書留郵便等の確実な方法によるものとし、平成28年7月19日(火)までの消印のあるものに限り受け付けます。

6 募集要項等のダウンロード

(1)募集要項(PDFファイル239KB)

  申請書類様式集(Zipファイル67KB)

(2)管理運営業務仕様書(PDFファイル303KB)

(3)施設概要書(PDFファイル180KB)

7 指定結果

選定基準に基づき、企画振興部指定管理者審査委員会の審査を経たうえで、指定管理者の候補者を選定し、平成28年9月県議会定例会の議決を経て、平成28年10月21日に山形県生涯学習文化財団を指定管理者として指定しました。

 

指定結果について(PDFファイル105.2KB)

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成28年6月7日掲載
  • 平成28年8月更新
  • 平成28年10月更新

関連情報