ホーム > 組織で探す > 総務部 > 秘書課 > 県民相談窓口 > みんなの県庁 > 県の誕生と出来事

県の誕生と出来事

山形県となるまで

山形県は、明治になるまで、米沢藩、庄内藩、新庄藩、山形藩などの大小の藩や天領があり、大名や代官が治めていました。明治維新により、日本は封建社会から近代社会への道を歩み、明治4年(1871年)に藩をなくして県を置く「廃藩置県」により、次第に県に統合していき、明治9年(1876年)に現在の山形県が誕生しました。

明治

和暦西暦出来事
明治9年1876年山形・鶴岡・置賜の3県を合併、山形県とする。初代県令(県知事)三島通庸(みしまみちつね)
明治10年1877年県庁開庁
明治22年1889年市制・町村制施行。2市(山形・米沢)8町212村
明治44年1911年山形市大火。県庁、市役所等焼失

大正

和暦西暦出来事
大正5年1916年旧県庁舎(現在の文翔館)落成

昭和

和暦西暦出来事
昭和8年1933年山形市で当時の日本最高気温40.8℃を記録(現在では全国4位)
昭和16年1941年太平洋戦争始まる
昭和22年1947年はじめて県民から選挙で選ばれた知事が誕生
昭和29年1954年県警察本部発足
昭和39年1964年山形空港開港、新潟地震により庄内地方で大きな被害を受ける
昭和50年1975年新県庁落成
昭和51年1976年酒田市中心部で大火
昭和56年1981年笹谷トンネル開通、月山新道開通

平成

和暦西暦出来事
平成2年1990年「遊学館」開館
平成3年1991年庄内空港開港
平成4年1992年山形新幹線開業、べにばな国体開催、東北芸術工科大学開学
平成7年1995年旧県庁が文翔館としてオープン
平成11年1999年山形新幹線が新庄まで延伸
平成12年2000年県立保健医療大学開学
平成13年2001年東北公益文科大学開学
平成14年2002年全国植樹祭を金山町で開催
平成15年2003年国民文化祭を県内全市町村で開催
平成17年2005年庄内町・新鶴岡市・新酒田市誕生(13市19町3村となる)
平成22年2010年県産米新品種「つや姫」本格デビュー
平成23年2011年東日本大震災により県内で震度5弱を記録し、停電や断水などで生活が混乱
平成26年2014年県立米沢栄養大学開学
平成28年2016年全国豊かな海づくり大会を鶴岡市・酒田市・遊佐町で開催

 

                                拡大画像(PDF、1.0MB)


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2016-06-07掲載

関連情報