ホーム > 組織で探す > 総務部 > 秘書課 > 広報室 > メールマガジン「いま、山形から・・・」 > シリーズ企画 > 山形の旬だより > 孟宗まつり

孟宗まつり

いま、山形から・・・ 山形の旬だより 色白!やわらか!風味豊かな「旬」を味わう 孟宗まつり(鶴岡市)
(平成29年4月21日掲載)

 庄内人が春の訪れとともに待ちわびる、孟宗竹のタケノコ「孟宗」。旬の季節、北限の地・名産地として知られる湯田川温泉には、さまざまな孟宗料理、孟宗掘り体験、孟宗朝市を目当てに、地元の人のみならず、県内外から多くのファンが押し寄せるのです。この時期にしか食べられない湯田川孟宗と湯田川温泉の魅力をご紹介します。


 

文豪が愛した湯田川温泉
約10軒の旅館が立ち並ぶ湯田川温泉
湯田川温泉のシンボル「正面の湯」。加水・加温・循環を全くしていない純粋な天然かけ流し温泉の共同浴場。

 鶴岡駅より車を走らせること約20分。山海の幸に恵まれ、市街地からのアクセスもよい湯田川温泉は、鶴岡の奥座敷として人気の温泉街です。湯野浜温泉、温海温泉と並び、「庄内三名湯」として知られています。その歴史は古く、和銅5(712)年に開湯。白鷺が葦原に湧いていた温泉で傷を癒していたことがはじまりとされ、昔は「白鷺の湯」と呼ばれていました。平成13(2001)年には、泉質や環境も含め保養地として優れているとして環境省より「国民保養温泉地」に指定されています。

旧湯田川小学校(当時は湯田川中学校が同居)に建立された藤沢周平記念碑。

 藤沢周平、斎藤茂吉、横光利一、種田山頭火、竹久夢二…。数多くの文人墨客が湯田川温泉を好んで訪れています。横光利一の作品『笑った皇后』は、湯田川温泉が舞台になっています。

 ゆかりのある作家陣の中でも、特に鶴岡市出身の藤沢周平は山形師範学校(現在の山形大学)を卒業後、湯田川中学校で教鞭をとるなど深い縁があり、平成8(1996)年5月に「藤沢周平先生記念碑」が建てられました。


 

季節の味覚

名物孟宗汁。大ぶりに切った孟宗を、厚揚げや椎茸とともに酒かすとみそで味付け。
収穫されたばかりの湯田川孟宗。切り口が白い!

 藤沢周平が、毎年5月になると思いだす季節の味と語ったのが、庄内の春を代表する郷土料理「孟宗汁」です。庄内地方では、「孟宗」は春の食卓を彩る旬の食材として愛されています。特に湯田川は、孟宗竹林群生の最北地ともいわれ、ここで収穫される「湯田川孟宗」は、赤土でしっとりとした粘土質の土壌や、冷たい雪解け水に育まれ、全国的に名を知られる良質なタケノコに育ちます。えぐみがなく、色白で、やわらか、そして風味も豊かです。孟宗は掘った直後からえぐみの成分が急激に増加するため、収穫から調理までの時間が短ければ短いほど良いとされています。そのため湯田川孟宗でも、早朝に採り入れ、収穫から5時間以内のものは「朝掘り」といわれ珍重されています。一般的なタケノコは米ぬかを使い、下ゆでをする「アクとり」が必要ですが、朝掘りのものは水から40分~1時間ほど茹でるだけと調理が簡単です。そして代表的な孟宗料理の一つが「孟宗汁」。採れたての孟宗を煮込んだ料理で、大きく切られた孟宗のサクッと柔らかい食感や、噛むほどに口の中に広がるタケノコの甘味を堪能でき、庄内地方で広く親しまれています。


 

旬の孟宗を味わいつくそう!

九兵衛旅館の「孟宗の膳」
連日行列ができる朝掘り孟宗直売所

 湯田川温泉では5月中旬に孟宗収穫のピークを迎えます。そして4月下旬から6月初旬頃にかけて、湯田川温泉で開かれるのが「孟宗まつり」。各旅館でさまざまな孟宗料理に舌鼓を打つことができます。孟宗汁はもちろん、孟宗ごはんや孟宗木の芽和え、孟宗の刺身や天ぷら、孟宗田楽、焼き孟宗…、それぞれの旅館自慢の孟宗づくしの料理を楽しみに、全国各地からたくさんの人が訪れます。孟宗竹で地酒をお燗した「かっぽ酒」は、竹の香りと甘みを感じることができ、こちらも人気です。孟宗料理の詳細やお問い合わせは、それぞれの旅館まで。どこも混み合いますので、早めの予約がおすすめです。

孟宗掘り体験で大物をゲット!

 この時期には、宿泊者を対象とした孟宗の収穫体験も行われています。孟宗掘りの達人の指導のもと、自分の手で収穫した孟宗はまた格別です。また、朝掘り孟宗を購入できる直売所も、毎年4月下旬よりスタート。稀少な旬の味覚に、毎年県内外から熱心なファンが早朝から連日行列を作ります。

 掘り立ての孟宗の芳醇な風味、柔らかな食感は、産地でしか味わえないもの。また、春から初夏にかけての庄内は、春の使者・サクラマスなど旬を迎える食材は孟宗だけではありません。この季節だけの庄内の味覚を味わいに、訪れてみてはいかがでしょう。


 

 

湯田川温泉 孟宗まつり

4月下旬~6月初旬
http://www.yutagawaonsen.com
※詳細は湯田川温泉観光協会ホームページにてご確認ください
 


 

取材協力・お問い合わせ

湯田川温泉観光協会 http://www.yutagawaonsen.com
 


 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成29年4月21日掲載

関連情報