ホーム > 組織で探す > 総務部 > 秘書広報課(広報室) > 広報室 > キッズページ > 山形県の県旗、県章

山形県の県旗、県章

県旗(けんき)

本県(ほんけん)表徴(ひょうちょう)するものとして、図案(ずあん)一般(いっぱん)から公募(こうぼ)し、昭和(しょうわ)38(ねん)制定(せいてい)されました(昭和(しょうわ)38(ねん)3(がつ)26(にち)山形県(やまがたけん)告示(こくじ)(だい)267(ごう))。

山型(やまがた)白抜(しろぬ)き、地色(じいろ)(あか)るい青色(あおいろ)(さだ)められています。

山形県(やまがたけん)山々(やまやま)中央(ちゅうおう)(みっ)つの三角形(さんかくけい)(あらわ)すと同時(どうじ)最上川(もがみがわ)(なが)れも(あらわ)しています。

白抜(しろぬ)きは蔵王(ざおう)樹氷(じゅひょう)など、山々(やまやま)(ゆき)(しめ)して純朴(じゅんぼく)県民性(けんみんせい)表徴(ひょうちょう)し、その鋭角的(えいかくてき)なところに本県(ほんけん)発展(はってん)意味(いみ)させています。

県章(けんしょう)

郷土愛(きょうどあい)ゆたかな県民意識(けんみんいしき)高揚(こうよう)(はか)り、県勢(けんせい)発展(はってん)向上(こうじょう)()するため、県政(けんせい)百年(ひゃくねん)機会(きかい)制定(せいてい)されました(昭和(しょうわ)51(ねん)8(がつ)21(にち)山形県(やまがたけん)告示(こくじ)(だい)1273(ごう))。

(みっ)つの(やま)(かたち)は、日本(にほん)百名山(ひゃくめいざん)にも(えら)ばれている鳥海山(ちょうかいざん)月山(がっさん)山岳(さんがく)修験(しゅげん)(やま)として(ひろ)()られる羽黒山(はぐろさん)湯殿山(ゆどのさん)などの本県(ほんけん)山々(やまやま)(あらわ)すと同時(どうじ)に、本県(ほんけん)文化(ぶんか)歴史(れきし)(ふか)(かか)わり、県民歌(けんみんか)にもなっている最上川(もがみがわ)(なが)れも(あらわ)しています。また鋭角的(えいかくてき)三角形(さんかくけい)は、本県(ほんけん)発展(はってん)()するという意味(いみ)(ふく)んでいます。

県章(けんしょう)(いろ)は「おちついた品位(ひんい)のある色彩(しきさい)」ということで(とく)(さだ)めはありません。

県旗(けんき)県章(けんしょう)詳細(しょうさい)については山形県(やまがたけん)県章(けんしょう)県旗(けんき)をご(らん)ください。


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ