ホーム > 組織で探す > 農林水産部 > 森林研究研修センター > 試験研究情報

試験研究情報

   山形県では、『森林が持つ環境保全機能の維持・増進』及び『森林資源の利用拡大』をめざし、さまざまな試験研究を実施しています。

    これらの試験研究の成果については、「目で見る研究成果」や「研究報告」などとして公表しています。

 

   ◆ 目で見る研究成果 (研究成果を一般県民にわかりやすく説明しています。)

      ● 平成26年度「海岸クロマツ林の健全化に向けた指針の作成」 (396KB)

      ● 平成25年度「気温上昇に伴うカツラマルカイガラムシによる広葉樹林被害予測図」 (300KB)

      ● 平成24年度「庄内海岸クロマツ林における目標管理密度管理表の策定」 (39KB)

      ● 平成24年度「広葉樹伐採跡地を効率的かつ確実にワラビポット苗で成園化する技術」 (29KB)

      ● 平成23年度「木製サッシに使用する県産スギ材の乾燥技術」 (36KB)

      ● 平成23年度「東北地方太平洋沖地震津波による海岸林の被害要因」 (38KB)

      ● 平成22年度「里山広葉樹2次林の形成過程の解明と管理手法の開発」 (25KB)

      ● 平成21年度「里山を利用したキノコの通年発生技術の確立」 (97KB)

      ● 平成20年度「県産スギ横架材スパン表」 (76KB)

      ● 平成19年度「殺菌剤の樹幹注入によるナラ枯れ予防」 (105KB)

      ● 平成18年度「庄内クロマツ林内へ早期に混交可能な広葉樹」 (99KB)

      ● 平成17年度「県産スギ材の曲げ強度(三県共同)」 (416KB)

   ◆ 平成26年度に予定して研究課題ごとの研究シーズ

       山形県森林研究研修センターにおいては、今後とも、県内外の研究機関との積極的な連携を通じ、実

     用化技術によるイノベーションや新産業の創出に図り、地域振興につなげていきたいと考えています。 

     すでに、多数の研究機関とのコンソーシアム方式による共同研究を実施していますが、興味がある研

     究がありましたらご連絡をお願いします。

      ●研究シーズ(森林資源利用部) 905KB     ●研究シーズ(森林生態保全部) 1.1MB

   ◆ 平成27年2月13日に平成26年度研究成果検討会及び平成27年度研究設計検討会を開催し、

    平成26年度の研究成果を新たに取りまとめました。

      ● 平成26年度成果カード(19カード)

   ◆ 新しい技術の試験研究成果 (課題別の成果を試験研究カードとして掲載しています。)

       ● 平成25年度  (22カード)        ● 平成24年度 (18カード)   

           ● 平成23年度 (31カード)     ● 平成22年度 (29カード)  

        ● 平成21年度 (18カード)    ● 平成20年度 (17カード) 

       ● 平成19年度 (15カード)    ● 平成18年度 (10カード)  

        ● 平成17年度 (11カード)

   ◆ 研究報告 (試験研究成果を論文・報文・総説等に取りまとめ公表しています。)

      ● 第32号(2015.11)4.0MB      ● 第31号(2009.6)3.3MB      

      ● 第30号 (2006.3) 2.4MB      ● 第29号 (2001.5) 3.3Mb 

        ● 第28号 (2000.4) 2.1MB      ● 第27号 (1999.6) 1.5MB   

   ◆ 調査報告書

      ● 木質バイオマス含水率等調査報告書(平成26年度) 2.3MB      

       ◆  森林研究研修センター要覧  

      ● 平成27年度要覧(2.1MB)

            

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2013年6月10日、研究報告第31号を「※工事中」にして公開取消にした。

関連情報