ホーム > 組織で探す > 子育て推進部 > 子育て支援課 > やまがた子育て応援プラン(山形県次世代育成支援行動計画・山形県子ども・子育て支援事業支援計画) > やまがた子育て応援プラン(平成27年度~31年度)

やまがた子育て応援プラン(平成27年度~31年度)

 県では、平成22年に制定した「山形県子育て基本条例」の考え方を踏まえ、同年、子育て支援・少子化対策推進のための県の指針となる「やまがた子育て応援プラン」(山形県次世代育成支援行動計画後期計画)を策定し、施策を総合的かつ計画的に推進してきました。

 このたび、これまでの取組みの評価や現状分析を踏まえるとともに、基本的視点として、結婚、妊娠・出産、子育てまでの切れ目のない支援と「山形らしさ」を活かした社会全体による支え合いの推進を掲げ、結婚や子育てへの一人ひとりの希望が叶う社会を目指し、新たな「やまがた子育て応援プラン」を策定しました。

 この新たな計画は「山形県次世代育成支援行動計画」及び「山形県子ども・子育て支援事業支援計画」として位置付けており、子育て支援・少子化対策の推進と保育サービスの量と質の確保に向けた具体的取組みや数値目標を定めた計画となっています。

 

◇ やまがた子育て応援プラン(平成27年度~31年度)

 

 ○ 概要(PDF:261KB) 

 

 ○ 表紙(PDF:584KB)

 ○ 知事あいさつ(PDF:97KB)

 ○ 目次(PDF:535Kb)

 ○ 計画策定にあたって(PDF:978KB)

  (1) 趣旨・背景

  (2) 計画の性格

  (3) 計画期間

 ○ 計画の推進(PDF:1.1MB)

  (1) 計画の推進体制

  (2) 各主体の役割

  (3) 計画の評価等

 ○ 少子化の現状とその影響(PDF:1.28MB)

  (1) 少子化の現状

  (2) 少子化の影響

 ○ 少子化の社会的背景(PDF:1.63MB)

  (1) 結婚観・家庭観の多様化

  (2) 家族形態の変化

  (3) 地域との関わりの希薄化

  (4) 労働の実態

  (5) 子育て中の就労環境

  (6) 若者の県外転出

 ○ 少子化の主な要因と施策の方向性(PDF:714KB)

  (1) 未婚化・晩婚化の進行

  (2) 子育ての不安感・負担感の増大

  (3) 女性の就労継続の難しさ

  (4) 若者人口の減少・雇用環境の変化

 ○ 前計画の評価において計画に盛り込むべきとされた基本的な考え方(PDF:1.40MB)

  (1) 計画策定の際に考慮すべき視点

  (2) 新たな施策の展開方向

  (3) 前計画の進捗状況

 ○ 計画の基本的な考え方(PDF:1.28MB)

  (1) 目指す社会

  (2) 基本的視点

  (3) 施策の構成

  (4) ライフステージに応じた施策の展開

 ○ 具体的な施策(PDF:1.51MB)

  基本の柱1 結婚支援の充実・強化

  基本の柱2 子育て支援の充実・強化

  基本の柱3 仕事と家庭の両立支援の推進

  基本の柱4 若者が活躍できる環境づくりの推進

 ○ 計画に掲げる数値目標(PDF:148KB)

 ○ 保育サービス等の提供(PDF:948KB)

 ○ 参考資料(PDF:517KB)

 ○ 裏表紙(PDF:50KB)

 

 ※ プラン全体版(PDF:3.36MB)

 

◇ やまがた子育て応援プラン(平成27年度~31年度)【概要版】

 ○ 表紙(PDF:1.06MB)

 ○ やまがた子育て応援プランとは(PDF:842KB)

 ○ 一人ひとりの希望が叶い、みんなで支え合う「子育てするなら山形県」の実現に向けて(PDF:871KB)

 ○ 基本の柱1 結婚支援の充実・強化(PDF:877KB)

 ○ 基本の柱2 子育て支援の充実・強化(PDF:1.11MB)

 ○ 基本の柱3 仕事と家庭の両立支援の推進(PDF:1.01MB)

 ○ 基本の柱4 若者が活躍できる環境づくりの推進(PDF:1.0MB)

 ○ 子ども・子育て支援法に基づく「教育・保育の提供体制の確保」(PDF:1.07MB)

 

 ※プラン【概要版】全体版(PDF:5.19MB) 

 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報