ホーム > 組織で探す > 健康福祉部 > 地域医療対策課(医師・看護師確保対策室) > 骨髄バンクHP(サブページ) > 骨髄バンクってなに?

骨髄バンクってなに?

 

白血病や再生不良性貧血などの病気によって、正

常な血液を作れなくなってしまった患者さんの骨髄幹細

胞を、健康な方の骨髄幹細胞と入れ替えることにより、

造血機能を回復させる治療法が骨髄移植です。


  骨髄移植を成功させるためには、患者さんと骨髄

を提供してくださる方(ドナー)の白血球の型(HLA型)を

一致させる必要がありますが、HLA型が一致する確率

は兄弟姉妹で4人に1人、それ以外では数百人から数

万人に1人とまれなため骨髄移植を受けられない患者

さんが少なくありません。


  「骨髄バンク事業」は、一般の方々に善意の骨髄提

供を呼びかけるため(財)骨髄移植推進財団が主体と

なり、1992年から開始されました。

  山形県では、より多くの方々に善意のドナー登録を

していただき、さらには実際の提供者になっていただけ

るように骨髄バンク事業を支援しています。




 より詳しくお知りになりたい場合は
こちらをクリックしてください。


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報