ホーム > 組織で探す > 健康福祉部 > 健康福祉企画課(薬務・感染症対策室) > 薬務担当 > だまされるな!「危険ドラッグ」

だまされるな!「危険ドラッグ」

平成26年4月1日から「指定薬物」の「所持、使用、購入、譲り受け」が新たに禁止されました。
違反した場合、3年以下の懲役又は300万円以下の罰金又はこれらが併科されます。

くわしくは「薬物乱用防止に関する情報」(厚生労働省ホームページ)をご覧ください。

「危険ドラッグ」は大変危険です。「合法」等の文字にだまされないで!

「危険ドラッグ」には、人体に有害な作用を及ぼす物質が含まれているおそれが高く、健康被害の原因や、麻薬や覚せい剤等の乱用のきっかけにもなりやすいため、使用してはいけません。

薬物乱用は「ダメ。ゼッタイ。」! 「合法」、「脱法」などの甘い誘いにのらないでください。

 ゴルゴ

 

「危険ドラッグ」とは?

「危険ドラッグ」は、「合法(脱法)ドラッグ、合法(脱法)ハーブ」などと称し、多幸感や快感を高めたり、幻覚等を引き起こしたりすることを暗示して販売されています。

近年は「ハーブ、お香、アロマ」を装って販売される例が多くみられますが、人体への使用で危害が発生することがあり、大変危険です。

 違法ハーブ1  違法ハーブ2
(麻薬等の成分が検出された商品の例)

 

「危険ドラッグ」はどんなふうに危険なの?

「危険ドラッグ」を使用したために、麻薬や覚せい剤と同様の幻覚や意識障害などのほか、嘔吐、頭痛、手足のけいれんなどの症状が現れ、救急搬送される事例が発生しています。

また、危険ドラッグを使用して、妄想、幻覚状態で自動車を運転し、人身事故を起こした事件が続発しています。

「危険ドラッグ」は、他の違法薬物と同様に、いったん使い始めると、自己コントロールができずにやめられない状態となったり、健康障害や異常な行動を起こしたりすることがあります。


「危険ドラッグ」を含む薬物の乱用防止については、こちらもご覧ください。

「あやしい薬物連絡ネット」 (厚生労働省)

「薬物乱用防止 ダメ。ゼッタイ。ホームページ」 (麻薬・覚せい剤乱用防止センター) 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2012-06-29 掲載
  • 2013-04-23 組織改変のためリンク修正
  • 2013-06-26 掲載場所の修正
  • 2014-02-07 指定薬物の所持・使用禁止の情報追加

関連情報