ホーム > 組織で探す > 健康福祉部 > 健康福祉企画課(薬務・感染症対策室) > 企画担当 > 医療機関・薬局における感染拡大防止等支援事業(医療分)

医療機関・薬局における感染拡大防止等支援事業(医療分)

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大と収束が反復する中で、医療機関・薬局等においては、それぞれの機能・規模に応じた地域における役割分担の下、必要な医療提供を継続することが求められています。

 医療機関・薬局等において、院内等での感染拡大を防ぎながら、地域で求められる医療を提供することができるよう、感染拡大防止等の支援を行います。

〇概要・対象

 新型コロナウイルス感染症の疑い患者とその他の患者が混在しない動線確保など院内等での感染拡大を防ぐための取組を行う医療機関・薬局等に対して、感染拡大防止対策等に要する費用の補助を行うものです。

〇申請手続き

 支援金交付後の精算の際に、感染拡大防止対策等に要する費用の支出を証明する書類(領収書等)を提出していただきます。提出していただいた書類を確認した結果、支援経費として認められない等により支援金の減額(返還)になることがありますので、御留意ください。

 

 申請期間は令和2年7月20日から令和3年2月26日までです。早めの申請をお願いします。 

〇申請方法

(1) 申請様式により提出用ファイルを作成し、以下のいずれかの方法で山形県国民健康保険団体連合会(以下、「山形県国保連」)に申請してください。

 
 

(3) 毎月の診療報酬請求事務を紙媒体の郵送で処理している場合は、紙媒体による申請書を山形県国保連に郵送してください。 

送付先

991-0041 寒河江市大字寒河江字久保6番地
山形県国民健康保険団体連合会
電算課支払係

※  封筒に赤字で「緊急包括支援交付金申請書在中」と明記し、レセプトとは別に郵送してください。

 

 

 

〇申請様式、申請マニュアル

  申請書様式は「名前を付けて保存」を選択し、デスクトップ等に一旦保存してから入力してください

  ファイルを開いた際にマクロを有効化してください

  参考) ファイルの保存及びマクロの有効化手順についてはこちらをご覧ください。(PDF: 1.0MB)

 

<申請書作成手順>

  1. 申請書様式ZIPファイルをパソコン(デスクトップ等)に保存し、解凍する。
  2. 様式2-1の青色の欄に必要事項を入力し、「提出用ファイル出力」のボタンを押す。
  3. 申請様式を保存した場所と同じところに作成された提出用ファイルをオンライン、WEB申請システム等により提出する。
 

※申請書様式(エクセルファイル)にはマクロが設定されており、Windows以外のオペレーティングシステム(OS)では正しく動作しない場合があります。

マクロが正常に動作しない場合はご連絡ください。
 

〇実績報告

 医療機関等は、事業が完了した日から30日以内又は令和3年4月20日のいずれか早い日までに支援金に係る実績報告書を作成のうえ、直接県(健康福祉企画課)に提出してください。

 また、実績報告書の鑑には押印をお願いします。 

 
 
実績報告書提出先
990-8570 山形市松波2-8-1 山形県健康福祉部健康福祉企画課

〇Q&A

〇厚生労働省通知

〇厚生労働省ホームページ

 「医療機関・薬局等における感染拡大防止等の支援」について (外部サイトへリンク) 

〇問い合わせ先

厚生労働省医政局 新型コロナ緊急包括支援交付金コールセンター(制度全般・交付対象等)

  • 電話番号 0120-786-577
  • 受付時間 平日の9時30分~18時

山形県健康福祉部健康福祉企画課(申請手続き等) 

  • 電話番号 023-630-2218
  • 受付時間 平日の8時30分~17時15分(12時~13時を除く)

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ