ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 施設装備課
 

施設装備課の発足

 少子高齢化に伴う人口減少や県の厳しい財政状況等を踏まえ、警察署、交番・駐在所、信号機等の治安インフラを中長期的な観点から計画的・戦略的に整備するため、平成26年4月1日、警務部内 に「施設装備課」が新設されました。
      
 持続可能な治安インフラの整備を念頭に、施設の長寿命化や有効活用等による維持管理コストの縮減に取り組み、最小のコストで最大の効果が発揮できる治安インフラの整備を推進し、県民の安全安心の確保に取り組んでいきます。

交番・駐在所整備計画

主な警察装備