ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 広報相談課 > 警察安全相談 > 詐欺被害防止広報 > 相談事例-送りつけ

相談事例-送りつけ

【送りつけ商法】

 男の声で電話があり、「注文した健康食品を送る。」などと言われた。「注文していない。」と答えたが後日、代金引換宅配便で配達され、商品代金1万9,800円を支払い、商品を受け取ってしまった。(2013.02.06/2013.02.08)


 海産物販売業者を名乗る者から電話があり、「ご注文いただいた商品をお送りしたい。」と言われた。注文した覚えがないため、「頼んではいない。」と断ったが、「注文しましたよね。」などとしつこく食い下がられ、一方的に電話を切られた。(2013.02.20)
 

詐欺の手口です!

 高齢者宅を中心に「注文していない健康食品(サプリメント)や海産物(カニ等)が、代金引換宅配便で送られてきた」という相談が増えています!
申し込んだ覚えもなく、購入するつもりがなければはっきりと断りましょう。心当たりのない宅配便など、勝手に送り付けられたものは安易に受け取らず、宅配業者には受け取りの拒否を申し出ましょう。承諾しない限り、売買契約は成立しません。代金を支払う必要もありませんので、万一商品を受け取ってしまった場合には、すぐに#9110へお電話ください。

送りつけ2

 

送りつけ1

 9110アイコン3  

 

 送りつけ(かに)

                  

 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報