ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 広報相談課 > 警察安全相談 > 詐欺被害防止広報 > 相談事例-架空請求、送りつけ

相談事例-架空請求、送りつけ

【架空請求 1】

 知らない相手から電話があり、「アダルトサイトに登録されています。契約を続けるか解約するか決めてください。解約する場合は、解約料として33万8,000円がかかります。」などと言われ、現金書留で33万8,000円を東京都内の私設私書箱宛てに送った。(2014.09.30)

◆詐欺の手口です!

 実際には登録されていないのに、嘘を言って解約料名目で現金をだまし取るケースが数多く発生しています。このような電話が来ても、送金したりせずに#9110へお電話ください。

  


 携帯電話に、「サイトのコンテンツが登録になっているのに長期間滞納が続いている」「裁判になる可能性がある」という内容のメールが届き、不安になった女性がメールに記載されていた連絡先に電話をしたところ、担当者と名乗る男から「裁判にならないための手続費用48万円を書留速達で送ってほしい」などと言われ、東京都内の個人宅宛に送付した。すると、その後も男から電話があり「調べたらもう1件サイト登録があった」などと言われ、3回にわたり約400万円を送金した。(2014.04.04)
 

◆詐欺の手口です!

 インターネットサイトの延滞料名目で現金を要求し、「裁判になる」などと嘘を言って混乱させる手口です。このようなメールが届いても、絶対に返信や電話をしたりせず、すぐに#9110へお電話ください

 架空請求2

 

架空請求3

 9110アイコン2  

 

 架空請求

【架空請求 2】

 自宅に「全国紛争支援センター」から、「以前に貴方が契約された訪問販売会社に対しての未納料、契約違反について訴訟手続きがなされた。」と書かれたハガキが届いた。ハガキには「故意に放置すると、給料や財産を差し押さえる。」「身に覚えがない場合は早急にご連絡ください。」等と書かれていた。(2013.05.24)

 自宅に「訴状通告管理センター」から「訴状認可通達書」と題するハガキが届いた。ハガキには「本状を以て、契約業者及び回収業者から訴状が提出された事を通知します。」「本状は、最終の通告となりますので至急、相談窓口にてご確認ください。」「故意に放置した場合は裁判所への出廷となります。」「支払い督促の手段として、給料の差押え、不動産の差押えなどができる強制執行証書の交付となる場合があります。」等の内容が記載されていた。(2013.05.24)
 

◆詐欺の手口です!

 ハガキや手紙を使用した、架空請求詐欺の手口です。うっかり連絡をすると、相手のペースに乗せられてしまい、「解約手数料」や「取り下げ手数料」等と言って現金を要求されます。このようなハガキが来た場合は、業者へは連絡を取らずに#9110へお電話ください。

 架空請求(ハガキ)

 

架空請求(手紙)

 9110アイコン1  

 

 

              

 警察安全相談メールアイコン暗号化      警察安全相談メールアイコン非SSL

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報