ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 生活安全企画課 > 古物営業法の改正

古物営業法の改正

古物営業法の改正により古物営業の許可制度が変わります

 

1 どのように

営業所が所在する都道府県ごとの許可から、主たる営業所が所在する都道府県のみの許可に変わります。

2 いつから

古物営業の改正法が平成30年4月25日に公布され、公布から2年以内の政令で定める日から変わります。(現在、政令で定める日は未定です。)
 

3 改正後も古物営業を続けるには

現在、古物営業の許可を受けている方は、主たる営業所の所在地を管轄する警察署に
「主たる営業所等届出書」
を、平成30年4月25日から2年以内の政令で定める日の前日までに提出する必要があります。届出は、県外に営業所を設けていない場合、または行商のみで実店舗がない場合でも必要です。
 

4 届出をしないと

政令で定める日に許可は失効し、古物営業はできなくなります。
 
届出書のWord様式のダウンロードはこちらから(ZIPファイルをダウンロードし、解凍してお使いください)
 

その他平成30年10月24日より一部制度が改正されています

各書類のWord様式のダウンロードはこちらから(ZIPファイルをダウンロードし、解凍してお使いください)
また、欠格事由の追加により誓約書の書式が変更されました。
Word様式のダウンロードはこちらから(ZIPファイルをダウンロードし、解凍してお使いください)
 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ