ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 科学捜査研究所 > DNA型鑑定とは

DNA型鑑定とは

DNA型鑑定とは

Q1 DNAとは何ですか?

DNA(デオキシリボ核酸:Deoxyribo Nucleic Acid)は、生物の身体を構成している細胞中の核の部分に存在し、生物の身体を作り上げる情報を含んでいる物質です。
DNAは、細胞の1つ1つに存在しており、それらは基本的に同一です。例えば、1人の人間の血液、皮膚、唾液は同一のDNAが含まれています。

Q2 DNA型鑑定とは、どのような鑑定ですか?

DNA型鑑定とは、1人1人のDNAに異なる部分があることに着目し、DNAから個人差のある部分の情報を抽出し、それを比較することにより、個人識別を行うのに役立てる鑑定法です。犯罪捜査においては、例えば、犯罪現場に残された血痕等のDNA型を比較することによって、その血痕等が被疑者に由来するものであるかどうかを見極めるためなどに使われています。

Q3 DNA型鑑定により身体的な特徴や病気は分かるのですか?

警察のDNA型鑑定では、DNAのうち身体特徴や病気に関係する情報が含まれていない部分を使っており、その鑑定結果であるDNA型情報から身体特徴や病気が判明することはありません。

Q4 DNA型鑑定ではどの位の確率で個人を識別できるのですか?

現在警察が行っているDNA型鑑定では、日本人に最も多く見られる型の組み合わせで、約4兆7千億人に1人という確率で個人識別が可能となっています。

Q5 DNA型鑑定の手順を教えて下さい。

警察が行っているDNA型鑑定の流れについては、おおむね以下のとおりです。

  • 1.衣服等に付着した試料を採取する。
  • 2.試料を切断する。
  • 3.試料からDNAを抽出する。
  • 4.DNA型鑑定をする部分のDNAを増幅させる。
  • 5.増幅させたDNAの入った溶液から、DNA型鑑定をするための溶液を調製する。
  • 6.DNA型を分析する機器「フラグメントアナライザー」を用いて分析する。
  • 7.分析結果に基づきDNA型の解析を行う。

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報