ホーム > 組織で探す > 環境エネルギー部 > みどり自然課 > 自然環境担当 > クマに関する情報

クマに関する情報

 冬眠明けのクマに注意しましょう。

 春は、クマが冬眠(冬ごもり)から覚め、エサを求めて行動し始めるため、遭遇の危険性が高まります。

 お出かけの際は、行き慣れた山でもクマよけの鈴やラジオを鳴らして歩くなどの対策を万全にし、万一クマに出合ったら、背を向けずにゆっくり後退し、その場を離れてください。

〈今年の人身被害の状況〉

  • 5月20日 長井市平山にて、置賜野川沿いの遊歩道を歩いていた男性がクマにおそわれ負傷。 

〈昨年の人身被害の状況〉

  • 7月11日 宮城県側の蔵王山御釜付近にて、県民がクマにおそわれ、重傷。
  • 7月17日 山形市蔵王上野にて、ササの葉採りをしていた男性がクマにおそわれ、軽傷。
  • 9月26日 最上町大堀最上小国川で鮎釣りをしていた男性がクマにおそわれ、重傷。
  • 10月3日  小国町樋ノ沢でクルミ拾いをしていた男性がクマにおそわれ、重傷。
  • 10月17日 米沢市木和田でキノコ採りに向かう途中、男性がクマにおそわれ、軽傷。

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • クマ目撃情報 令和2年5月24日分の更新

関連情報