ホーム > 組織で探す > 環境エネルギー部 > 消費生活センター > インターネットでの母乳の購入にご注意ください

インターネットでの母乳の購入にご注意ください

第三者がインターネットで販売する母乳については、感染症のリスクや衛生上のリスクがあり、消費者がその安全性を確認することは容易ではありません。

こうしたリスクについて十分に認識するように消費者庁が注意喚起を行っております。

消費者庁ホームページ http://www.caa.go.jp/safety/pdf/150703kouhyou_2.pdf

インターネットでの母乳販売

インターネットで母乳と称して販売された商品に、多数の細菌が確認されたとの報道がありましたが、消費者庁が確認したところ、過去にインターネット上で母乳と称した商品を販売していたと見られる情報が確認されました。

リスクについて

   インターネットで第三者から母乳を購入することについては、以下のようなリスクがあることを十分に認識しましょう。
  • 感染症のリスク

  母乳にはHTLV-1(ヒト細胞白血病ウイルス1型)など感染性のあるウイルスが含まれているリスクがあります。購入した母乳について、消費者が外見上からウイルスの含有を確認することは通常できません。

  • 衛生上のリスク

  搾乳方法や保管方法によっては細菌が混入したり、母乳以外の成分(アレルギーを誘発するおそれがある物質等)が混入したりするなど、衛生上の問題が発生するリスクがあります。こうした場合にも、消費者が外見上から衛生上のリスクを認識できない場合があります。


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2015-7-7掲載

関連情報