ホーム > 組織で探す > 議会事務局 > 議事調査課(政策調査室) > 委員会の概要

委員会の概要

委員会の概要

 

常任委員会
常設の委員会で、執行機関(知事や行政委員会など)に対応した6つの委員会があり、それぞれの所管事項について審査します。

名  称定数所  管
 総  務
総務部及び企画振興部の分掌に属する事項、環境エネルギー部の分掌に属する事項うち防災、消費者の利益の擁護及び増進その他県民生活の安全に関する事項並びに会計局の分掌に属する事項並びに選挙管理委員会、人事委員会及び監査委員の所管に属する事項、他の常任委員会の所管に属しない事項
(行財政の運営、総合的な企画調整、地域振興、県民の安全・安心など)
 文教公安教育委員会及び公安委員会の所管に属する事項
(学校教育、社会教育の振興、警察行政など)
 厚生環境
環境エネルギー部の分掌に属する事項のうち防災、消費者の利益の擁護及び増進その他県民生活の安全に関する事項を除く事項並びに子育て推進部及び健康福祉部の分掌に属する事項並びに病院事業局の所管に属する事項
(環境保全、エネルギー政策、子育て支援、青少年対策、男女共同参画、保健、医療及び福祉対策、病院事業の推進など)
 農林水産農林水産部の分掌に属する事項並びに海区漁業調整委員会及び内水面漁場管理委員会の所管に属する事項
(農業、林業、水産業の振興など)
 商工労働観光商工労働部及び観光文化スポーツ部の分掌に属する事項並びに労働委員会の所管に属する事項
(商工業、労働対策、観光、文化、国際交流の振興など)
 建  設県土整備部の分掌に属する事項並びに企業局及び収用委員会の所管に属する事項
(県土の整備、公営企業の推進など)

 

常任委員会における席の配置

委員会配置

 

◎  議会運営委員会
会期、日程その他議会運営に必要な事項を話し合います。
名  称定数所  管
 議会運営12(1)議会の運営に関する事項
(2)議会の会議規則、委員会に関する条例等に関する事項
(3)議長の諮問に関する事項
 
◎  特別委員会
必要に応じて、特定の事件を審議するため設置される臨時的な委員会です。
名  称定数所  管
  予    算42県予算の総合的な審査並びに県財政及び県政課題について調査審議を行う。
 未来を担う人材育成対策少子化の進行や子ども・若者を取り巻く環境が変化する中、結婚し、安心して出産・子育てができ、子ども・若者が健やかに成長できる環境を整備することにより、本県の未来を担う多様な人材を育成することを目的として、次の項目について調査審議する。
(1)学校や地域における教育力の向上及び子ども・若者の育成に関すること
(2)結婚・出産・子育て支援に関すること
(3)若者の県内定着・回帰の促進及び若者が活躍できる環境の整備に関すること
(4)東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会等を見据えた人材育成に関すること
 県土強靭化・安全安心対策頻発する自然災害や多様化する犯罪、北朝鮮からと見られる木造船等の相次ぐ漂流・漂着など、県民生活を脅かす事態が続発する中、危機管理及び防犯対策の強化を図るとともに、県土強靭化を推進することにより、安全で安心な県民生活を実現することを目的として、次の項目について調査審議する。
(1)北朝鮮情勢への対応をはじめとする危機管理対策に関すること
(2)災害等に備えた県土強靭化対策に関すること
(3)交通ネットワークの整備に関すること
(4)県民の生命を守る地域医療の在り方に関すること
 産業振興対策・働き方改革10
 
少子高齢化を伴う人口減少や経済のグローバル化が進展する中、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会等の開催も契機とし、広報の積極的な活用にも配慮しながら、本県産業の振興を図るとともに、魅力的な働きやすい職場づくりを推進することにより、本県経済が持続的に発展することを目的として、次の項目について調査審議する。
(1)商工業及び農林水産業をはじめとする産業振興に関すること
(2)交流人口拡大に向けた観光振興に関すること
(3)働き方改革に関すること
(4)県民所得の向上に関すること

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報