ホーム > 組織で探す > 議会事務局 > 議事調査課(政策調査室) > 請願・陳情提出についてのご案内

請願・陳情提出についてのご案内


請願・陳情提出についてのご案内

  県民のみなさんの要望・意見を県政に反映させる方法として「請願」や「陳情」があります。この「請願」・「陳情」はどなたでも議会に提出することができます。
  • 「請願」は関係委員会での審査を経て本会議で採否が決定されます。なお、「請願」には県議会議員の紹介が必要となります。
  • 「陳情」は1件毎の審査は行われませんが、内容の一覧表が議員に配られます。(「陳情」には県議会議員の紹介は必要ありません。)
請願書を提出する場合は、以下の要領により提出してください。

提出先について
  請願書は、議長あてとし、その受付は県議会事務局で行っておりますので、政策調査室へご提出ください。
提出期日について
  請願書は、定例会の開会日までに提出してください。
  それ以降に提出された請願書は、次の定例会で審査されることになりますので、提出期日にご注意ください。
様式及び提出部数について
  請願書は、次の様式に準じて注意事項をよくご覧の上、1部作成し、提出してください。
  (表紙)
  画像様式1
    (内容)
  画像様式2
請願書を作成する際の注意事項について
(1) 件名
  件名は、請願しようとする趣旨を簡明にあらわすものにしてください。
(2) 紹介議員
  請願には、1人以上の県議会議員の紹介を必要としますので、必ず紹介議員の署名又は記名押印を受けてください。
  なお、正副議長 及び 関係委員会の正副委員長は紹介議員になれませんので、注意してください。
(3) 提出者
  請願書には、提出年月日請願者の住所及び氏名(団体の場合にはその名称及び代表者の氏名)を明記し、押印してください。これらの1つが欠けても請願書として受理することができません。ただし請求者(団体の場合には代表者)が署名した場合は押印を省略することができます。
  なお、請願者等の連絡先の電話番号を併記してください。
(4) 請願事項の取り扱い
  趣旨の異なるいくつかの請願事項がある場合は、趣旨ごとにそれぞれ別個の請願書として提出してください。
  また、請願事項が二以上の委員会に属する場合は、委員会の所管ごとに分割して提出してください。

請願は、次の要領で審査のうえ処理されます。

(1)   議会において受理された請願書は、通常、請願の内容に応じ、所管の委員会へ付託され、委員会の審査結果に基づき本会議において採決に付されます。
(2)   採択された請願については、執行機関が処理することが適当なものは知事、教育委員会、公安委員会等に送付し、その処理結果の報告を受けております。その報告は会議録に掲載され、県総合支庁・県立図書館・県議会図書室で閲覧することができます。
(3)   採択、または不採択とされたときは、文書をもってその旨を提出者に通知します。ただし、提出者が複数の場合及び同一内容の請願が複数の場合は、その代表者または紹介議員に通知します。

画像請願の流れ

陳情書について

  陳情書については、紹介議員のあるものは、請願書と同じに取り扱っておりますが、紹介議員のないものは要望書として取り扱い、議会の審査に付されません。


  ※問い合わせ先:県議会事務局議事調査課政策調査室 電話023(630)2845、2846



 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報