ホーム > 組織で探す > 議会事務局 > 議事調査課(政策調査室) > 地域議員協議会について

地域議員協議会について

平成27年度地域議員協議会写真

  山形県議会では、県内各地域における行政課題や施策展開について、県議会として幅広く調査、審議、提言するため、平成13年度から毎年度、村山、最上、置賜、庄内の4つの総合支庁において、それぞれの地元議員からなる「地域議員協議会」を開催しています。

1 地域議員協議会の概要
・各地域における現在の行政課題や施策展開について、幅広い調査・審議あるいは提言を通じ、総合支庁での施策・事業への反映を図ることを目的としています。
・協議会は各総合支庁単位に設置し、名称は総合支庁の地域名を冠し「○○地域議員協議会」としています。なお、平成24年度から、村山地域を東南村山地域と西村山・北村山地域に再編しています。
・各協議会は、当該地域に選出選挙区がある議員により構成されています。
・各協議会には正副委員長が置かれ、正副委員長は構成議員の互選によって選出されます。
・年2回、原則として7月と11月に、各総合支庁において開催します。
・各協議会の委員の招集は、各委員長が行います。
・議長は、各総合支庁長に対して、支庁長、各部長・次長、関係課長等の出席を要求します。その範囲は、各協議会の委員長が決定します。
・各協議会は公開で行われます。開催にあたっては、幅広く周知を行い、県民の皆様の傍聴機会の確保に努めます。
・各協議会には議会書記が配置されるほか、その他協議会の運営については、委員会運営に係る法令等に準じて、各委員長が決定します。
 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報