ホーム > 組織で探す > 防災くらし安心部 > 消費生活センター > 消費者庁注意喚起 > 8月に多いスプレー缶によるやけどや皮膚障害に注意! -使用時に吸い込んで呼吸困難になる事故や、廃棄処理時に引火する事故が発生-

8月に多いスプレー缶によるやけどや皮膚障害に注意! -使用時に吸い込んで呼吸困難になる事故や、廃棄処理時に引火する事故が発生-

 8月は、制汗剤、冷却スプレー、殺虫剤、日やけ止めなど、スプレー缶を使用する機会が多くなる時期です。スプレー缶による事故は、夏季に多く発生しています。スプレー缶は、エアゾール製品と呼ばれ、ボタンを押すだけで細かい霧や泡を作り出すことができるため、生活の様々な場面で利用されています。しかし、噴射剤として可燃性の高圧ガスを使用していることが多いため、使い方を誤ると、爆発・火災事故につながるおそれがあります。
 消費者庁には、使用時に吸い込んで呼吸が苦しくなったという事故、スプレー缶を子どもが誤って目や口に噴霧してしまう事故、廃棄のために穴を開けるときに火の近くで作業したために引火してやけどを負う事故、指に噴射液がかかり凍傷を負う事故などの情報が寄せられています。
 スプレー缶を取り扱う際は、以下の点に注意しましょう。

 

1 使用時の注意

  • 使用時は十分に換気し、噴射時間及び距離を守りましょう。
  • 可燃性のガスが封入されていますので、ガスコンロや蚊取り線香など火気のある場所の近くでは使用しないでください。

 

2 保管時の注意

  • 直射日光の当たる場所など40℃以上になる高温の場所に置かないでください。
  • 子どもの手の届かない、湿気の少ない場所で保管しましょう。

 

3 廃棄時の注意

  • 廃棄の際は地方公共団体の指示に従ってごみに出しましょう。

 

 詳細は、以下の消費者庁公表資料をご覧ください。

 消費者庁公表資料(PDF 955.1KB)


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ