ホーム > 組織で探す > 防災くらし安心部 > 消防救急課 > 平成31年春季火災予防運動

平成31年春季火災予防運動

平成31年春季火災予防運動の実施について

 

今年も春季火災予防運動が実施されます。

春は空気が乾燥するとともに、風が強く、また、雪解け後の農作業など野外で火を使う機会が増え、例年、火災の多い季節です。

火の取り扱いには十分注意して、火災予防に努めましょう。

また、大切な家族の命を守るために、住宅用火災警報器を必ず設置するとともに、設置後10年以上となる警報器については、電池切れなどの点検を行いましょう。

野外における火災防止のため県民の皆さまにお願いしたいこと

・枯れ草等のある火災が起こりやすい場所では、たき火をしないこと。

・たき火等火気の使用中はその場を離れず、使用後は完全に消火すること。

・強風時及び乾燥時には、たき火、火入れをしないこと。

・たばこは指定された場所で喫煙し、吸いがらは必ず消すとともに、投げ捨てないこと。

・火遊びはしないこと。

 

平成31年春季全国火災予防運動ポスター

 

 実施期間

 平成31年4月9日(火)から平成31年4月22日(月)まで

 

統一防火標語

『忘れてない? サイフにスマホに火の確認』

 

関係資料

県内各消防機関の行事予定(PDF形式393.0KB)

住宅火災 いのちをまもる 7つのポイント(PDF形式38.9KB)

 

 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報