ホーム > 組織で探す > 労働委員会 > 委員会内ページ > 労働委員会Q&A ~よくあるご質問~

労働委員会Q&A ~よくあるご質問~

  労働委員会のご利用について   集団的労使紛争の調整(あっせん)   不当労働行為
  個別労働関係紛争のあっせん   労働組合の資格審査   争議行為の予告通知
 労働相談Q&A

労働委員会のご利用について Q&A 

Q1 :労働委員会とは何をするところですか?
Q2 :労働委員会には労使間の紛争解決のためにどのような制度がありますか?
Q3 :労働委員会を利用する場合には、費用はかかりますか?
Q4 :労働委員会を利用する場合、秘密は守られるのでしょうか?
Q5 :山形県労働委員会の利用については、どこに相談したらよいでしょうか?
Q6 :いわゆる一般的な労働相談はどこに相談したらよいでしょうか? 

 

集団的労使紛争の調整(あっせん) Q&A

Q1 :集団的な労使紛争の調整とは、どのような制度ですか?
Q2 :「あっせん」とはどのような制度ですか?
Q3 :「あっせん」では、具体的にどのような問題が対象となるのですか?
Q4 :「あっせん」は誰でも申請できますか? あっせん申請に、費用はかかりますか?
Q5 :「あっせん員」には、誰がなるのですか?
Q6 :あっせんの申請は、どのようにするのですか?
Q7 :あっせんは、公開で行われるのですか?
Q8 :「あっせん」はいつ、どこで開催されるのですか?
Q9 :「あっせん」には弁護士も同席させることができますか?
Q10:「あっせん」はどのように行われるのですか?
Q11:「あっせん案」とはどのようなものですか?
Q12:相手が「あっせん」に出席しない場合はどうなりますか?
Q13:「あっせん」は1回で終わるのですか?
Q14:あっせん申請後に、労使で団体交渉をしてもいいのですか?
Q15:あっせんにおける証拠の提示や発言をしたことにより、その後、職場で不利益な取扱いを受けないでしょうか?
Q16:あっせん申請の取下げはできますか? 

 

個別労働関係紛争のあっせん Q&A

Q1 :「個別労働関係紛争のあっせん」とは、どのような制度ですか?
Q2 :どのような問題が対象となるのですか?
Q3 :申請者に代わって労働委員会から交渉をしてもらえるのでしょうか?
Q4 :申請者と相手方のどちらが正しいか判断してもらえるのですか?
Q5 :誰でも申請できますか。あっせん申請に費用はかかりますか?
Q6 :他人に知られたくないのですが・・・?
Q7 :労働組合にも加盟していますが、個人的な問題なので、「個別労働関係紛争のあっせん」の制度を利用したいと思います。申請できますか?
Q8 :パート労働者ですが、申請できますか?
Q9 :使用者からも申請できますか?
Q10:「あっせん員」には、誰がなるのですか?
Q11:「あっせん」の申請は、どのようにするのですか?
Q12:「あっせん」はいつ、どこで開催されるのですか?
Q13:「あっせん」には、どのような心構えで臨めばいいのですか?
Q14:「あっせん」には弁護士も同席させることができますか?
Q15:「あっせん」はどのように行われるのですか?
Q16:「あっせん案」とはどのようなものですか?
Q17:相手が「あっせん」に出席しない場合はどうなりますか?
Q18:「あっせん」は1回で終わるのですか?
Q19:あっせん申請の取下げはできますか?
Q20:個々の労働者と事業主との間の紛争を解決するための機関は労働委員会以外にもありますか? 

 

不当労働行為 Q&A

Q1: 不当労働行為となる行為を具体的に教えてください?
Q2: 不当労働行為の救済とはどのようなことですか?
Q3: 不当労働行為の救済申立ては、どのようにすればよいですか?
Q4: 不当労働行為の救済申立ては、個人の資格でもできますか?
Q5: 不当労働行為の救済申立ては、使用者側からもできますか?
Q6: 労働組合の所在地は山形県以外の場所にあるのですが、山形県労働委員会に不当労働行為の救済申立てをすることはできますか?
Q7: 不当労働行為の救済申立ては、事件発生からどれくらいの期間内であればできますか?
Q8: 不当労働行為の救済申立てに、費用はかかりますか?
Q9: 不当労働行為の救済申立てを行う場合、弁護士をつける必要がありますか?
Q10:労働委員会に不当労働行為の救済申立てをしたことで、後で使用者から解雇などの不利益な取扱いを受けたりしないでしょうか?
Q11:不当労働行為事件の審査は、どのような人が担当するのですか?
Q12:不当労働行為の審査手続は、どのように行われるのですか?
Q13:調査や審問が行われる場所はどこですか?
Q14:部外者には知られたくないのですが・・・?
Q15:不当労働行為の救済を申し立てる前に、あらかじめ労働組合の資格審査を受けておかなければなりませんか?
Q16:和解はどのように行われますか?
Q17:不当労働行為の救済申立てを行った場合、後日、申立人の都合で申立てを取り下げることはできますか?
Q18:不当労働行為の命令にはどのようなものがありますか?
Q19:命令書が交付されたときは、どうなりますか?
Q20:命令に対して不服があるときは、どのようにすればよいでしょうか?
Q21:不当労働行為の救済申立てから命令の交付まで、どれくらいの期間がかかりますか?
Q22:不当労働行為の救済申立が却下されるのは、どのようなときですか? 

 

労働組合の資格審査 Q&A

Q1 :労働組合の資格審査とは何ですか?
Q2 :以前、法人登記をするために労働組合資格審査を受けたことがあります。
         近々、不当労働行為救済申立てを行う予定ですが、あらためて資格審査を申請する必要がありますか?

Q3 :資格審査を受けるには、どのような書類が必要ですか?
Q4 :資格審査の手続はどのようにして進められるのですか?
Q5 :資格審査に適合するための要件は何ですか?
Q6 :資格審査の申請に費用がかかりますか? 

 

争議行為の予告通知 Q&A

Q1 :争議行為とはどのようなものですか?
Q2 :争議行為の予告通知とは何ですか?
Q3 :公益事業とは何ですか?
Q4 :争議行為の予告通知は「争議行為をしようとする日の少なくとも10日前までに通知しなければならない」とのことですが、「10日前」とは具体的にどう計算するのですか?
Q5 :争議行為予告通知の届出先はどこですか?
Q6 :争議行為の予告通知には、どのような事項を記載しなければならないのですか?

 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ