ホーム > 組織で探す > 人事委員会 > 職員採用 > ホームページ関係 > 給与・勤務時間など

給与・勤務時間など

給与勤務時間・休日休暇制度福利厚生研修制度昇任制度について掲載しています。

給与(平成30年4月1日現在)

・給与は、職員の給与に関する条例、規則等に基づいて支給されます。また、初任給は、各人の学歴、その他の経歴により多少異なる場合がありますが、おおむね試験ごとの下表のとおりです。(この額は、平成30年4月1日現在で適用されている給料表のもので、人事委員会勧告に基づいて改定されることがあります。)

・初任給のほか、勤務内容によって、調整額、特殊勤務手当が支給されます。また、扶養手当、住居手当、通勤手当、時間外勤務手当、期末・勤勉手当等の諸手当がそれぞれ支給要件に応じて支給されます。

・下記に掲載されている職種(試験区分)は、毎年採用があるとは限りません。また、掲載されていない職種の採用がある場合もあります。必ず、受験案内等で採用予定職種(試験区分)を確認してください。

山形県職員採用試験(大学卒業程度)

職種(試験区分)初任給
行政、警察行政及び下記を除く職種182,100円
試験研究業務に従事する研究職(化学、一般農業(農業)、一般農業(畜産)、林業、水産、電気、電子、機械、工業化学、工業デザイン)
195,700円

 ※試験区分は平成29年度に試験を実施したもの。

山形県職員採用試験(短大・高校卒業程度)・山形県市町村立学校事務職員採用試験

職種(試験区分)
初任給
学校司書
162,300円
行政、警察行政、総合土木、小・中学校事務Ⅰ、小・中学校事務Ⅱ
149,300円
 

山形県職員選考試験(薬剤師・保健師・管理栄養士)

職種(試験区分)
初任給
薬剤師211,300円
保健師(保健所等で専門業務に従事する場合)
 209,800円
管理栄養士(保健所等で専門業務に従事する場合)
 188,500円
 ※獣医師については、受験案内等のページからご確認ください。

山形県病院事業局職員選考試験(助産師・臨床検査技師・診療放射線技師・理学療法士・作業療法士・臨床工学技士・診療情報管理士・看護師)

職種(試験区分)
初任給
助産師(大学卒の場合)
 209,800円 
助産師(短大3卒の場合)
200,200円
臨床検査技師、診療放射線技師、理学療法士、作業療法士、臨床工学技士(大学卒の場合)
188,500円
臨床検査技師、診療放射線技師、理学療法士、作業療法士、臨床工学技士(短大3卒の場合)
177,000円
診療情報管理士
149,300円
看護師(大学卒の場合)
209,800円
看護師(短大3卒の場合)
200,200円
看護師(短大2卒の場合)
191,700円

 

警察官A・B採用試験

職種(試験区分)
初任給
警察官A
208,600円
警察官B
168,600円

勤務時間・休日

 原則として、午前8時30分から午後5時15分(休憩時間が1時間あり)までの週38時間45分勤務となっています。

 休日は、土・日を休日とする完全週休2日制です。

 ※ 配属先によっては、交替制等勤務となる場合があります。 

休暇制度

 1年間(1月~12月)に20日(4月採用の場合、その年は15日)の年次有給休暇があります。その他に夏季休暇、ボランティア休暇等があります。仕事と家庭生活の両立支援制度はこちら

福利厚生

住居

 県内各地に世帯用・単身者用の職員住宅があります。

健康管理

 各種健康診断や人間ドックを実施しています。県庁舎にある地方職員共済組合運営の診療所が利用できます。

健康増進活動

 各地区で実施する各種健康増進活動や職員の自己啓発への取組み等に対して支援を行っています。

 

※ 警察部門等については、一部異なる福利厚生制度となっています。

研修制度

 職員育成センター研修を中心に、部局研修や大学等への派遣研修などを行っています。人材育成・研修制度はこちら

 ※ 警察官については異なる研修制度となっており、所定の期間、警察学校に入校し、職務に必要な知識や技術を身につけます。また、警察行政等の警察関係職種についても4週間程度警察学校に入校します。警察学校についてはこちら

昇任制度

 最初は、主事又は技師等として採用され、その後は人事評価などの成績により、上位の職へ昇任することができます。
 警察官については、山形県巡査として採用され、その後は昇任試験等により上位の階級に昇任することができます。

 ※ 知事部局事務系の昇任例

主事⇒係長級⇒主査級⇒課長補佐級⇒課長級⇒次長級⇒部長級

 

  

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報