ホーム > 組織で探す > 東京事務所 > 東京の山形 > 施設 > 清河塾

清河塾

○清河塾 神田淡路町二丁目

  清河八郎が開いた清河塾(神田淡路町二丁目)があった。

<清河八郎略歴>
 1830年10月10日、出羽荘内清川村(現山形県庄内町)に農民武士の家に生まれる。
 本名 斉藤正明
 18歳で江戸に出て、東條一堂塾・安積良斎塾・湯島の聖堂などで学ぶ。
 一刀流の開祖千葉周作の玄武館で剣を磨き免許を得る。
 25歳のとき、江戸で唯一学問と剣術両方を教える清河塾を開設。
 桜田門外の変以後、国の行く末を憂い、倒幕尊王攘夷の志士が清河塾に集まるようになる。
 八郎は、幕府を欺き幕府に将軍警護などの目的のためとして浪士組(234名)の結成し、幕府に認めさせる。しかし、浪士組の本当の目的は、尊王攘 夷を目指したものであった。
 後に、浪士組から近藤勇、土方歳三ら13名が、幕府擁護の意を示し分派し新撰組を結成。八郎とは正反対の道を歩むことになった。
 八郎は1863年(34歳)で、幕府の刺客に麻布一の橋で討たれ、後に浪士組は、新徴組と改名し庄内藩預かりとなり江戸市中の警護をつとめることとなる。

<山形県内の清河八郎記念館>
 山形県庄内町清川字上川原37
 TEL.0234-57-2104
 時間/9:00~17:00
 休館日/月曜(12月~2月は閉館)
 入館料/400円

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報