ホーム > 組織で探す > 東京事務所 > 東京の山形 > 施設 > 米沢藩上杉家江戸屋敷跡地

米沢藩上杉家江戸屋敷跡地

 桜田門のすぐそばにあった米沢藩上杉家。霞ヶ関界隈で一際目立つ建物である法務省旧館赤レンガ、ここに米沢藩上杉家の江戸屋敷があった。米沢藩上杉家跡地を示す記念碑がある。
 警視庁の目の前に位置し、幕末には有名な「桜田門外の変」がすぐ目の前で起こっている。
逼迫する藩財政を倹約と特産品振興策などを行い、立て直し、名君と世界的にも名高い上杉鷹山、その藩財政改革の第一歩もここで案を練ったとされる。また、近くには時代劇などでも有名な大岡越前守の屋敷もあった。
 他にも、米沢藩上杉家は、麻布台にあるロシア大使館前の総務省飯倉分館にもお屋敷があった。探してみると米沢藩上杉家ゆかりのものが、まだ近くにあるかもしれない。
米沢藩上杉家江戸屋敷跡地  米沢藩上杉家江戸屋敷記念碑

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報