ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 自然保護 > 野生生物 > 令和2年度蔵王山系ツキノワグマ生息状況調査

令和2年度蔵王山系ツキノワグマ生息状況調査

常に変化し、不確実な生息状況を長期的にモニタリングし、生息数を推定するため、自動撮影カメラとクマを立ち上がらせるエサを利用した「カメラトラップ法」による「ツキノワグマ生息状況調査」を実施します。

令和2、3年度は蔵王山系で調査を行います。

  

蔵王山系ツキノワグマ生息状況調査について(PDF:3.0MB)

山形市管内カメラトラップ位置図(PDF:12.7MB)

上山市管内カメラトラップ位置図(PDF:9.2MB)

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ