ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 食生活・消費生活・住まい > 住宅(支援制度等) > 「住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業」について(国補助事業)

「住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業」について(国補助事業)

 平成27年度に新事業として創設された「住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業」は、住宅確保要配慮者(高齢者世帯、子育て世帯など)の居住の安定確保を図るため、居住支援協議会との連携や適切な管理のもとで、空き家等を活用し、一定の質が確保された低廉な家賃の賃貸住宅を供給することを目的として、空き家等のリフォームやコンバージョンに対してその費用の一部を国が直接補助するものです。(※本事業による平成28年度補助は終了しました。)

 

「平成28年度 住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業」について、下記のとおり募集しておりますのでお知らせします。

 

◆事業の詳細(事業要件など)

 住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業実施支援室(以下「支援室」)のページ(外部サイト)でご確認ください。

 (本事業に関するお問い合わせは、直接「支援室」へお願いします。)

 

◆事業対象地域: 山形県全域

 (居住支援協議会※1が対象住宅の登録や情報提供等を行う地域)

 

◆応募・交付申請の提出期限: 平成29年2月24日(金)まで

 

◆住宅情報の登録

 交付決定を受けた補助事業者は、「あんしん住宅情報提供システム(申請者サイト)」(外部サイト)を活用し、居住支援協議会※2に対して、対象住宅に係る情報を登録することが必要です。

 ◇登録された「あんしん住宅」の検索・閲覧は「あんしん住宅情報提供システム(検索・閲覧サイト)」(外部サイト)から

 

 

※1 山形県居住支援協議会 【協議会会則(PDFファイル:53KB)

※2 本協議会事務局(山形県 県土整備部 建築住宅課)において、住宅情報等の内容確認・登録承認を行っております。

 

(参考)山形県と不動産関係団体との間で締結した「災害時における応急住宅対策に関する協定」

     ⇒【協定書(内容)(PDFファイル:173KB)

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成28年1月15日作成
  • 平成29年5月19日修正

関連情報