ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 県土づくり > 道路 > 山形県の舗装長寿命化対策について

山形県の舗装長寿命化対策について

 山形県は、3,093kmの道路延長を管理しており、そのうち舗装延長は2,850kmとなっています(平成30年4月1日現在)。

 舗装の維持管理には、限られた予算でこれまで以上に効果的・効率的な対策が求められています。

 そのため、道路の安全性を十分に確保したうえで長期的なコスト縮減を図るため、舗装長寿命化修繕計画を平成23年度策定しました。

 本計画について、平成28年10月に国土交通省より『舗装点検要領』が示されたことをうけ、一部内容を更新いたしました。

【更新内容】

 ○県管理道路を分類A~Dに区分しました。

 ○分類ごとの管理基準を決定しました。

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2019-02-01更新

関連情報