ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 環境・リサイクル > 化学物質 > 山形県の大気・水環境等の状況

山形県の大気・水環境等の状況

平成30年度山形県の大気・水環境等の状況(概要)

 山形県では、大気汚染防止法、水質汚濁防止法等の関係法令に基づき、大気環境、水環境及び環境中のダイオキシン類の常時監視を実施し、1年間の測定結果を取りまとめて公表しています。
 平成30年度の常時監視の結果は、県内の状況は概ね良好な状況でしたが、一部の項目で環境基準を達成できませんでした。(人の健康や生活環境に影響が生ずるレベルではありません。)
 その概要は以下のとおりです。

1 大気環境の状況

(1) 大気環境測定結果

  二酸化硫黄などの大気汚染物質については、県内全域の一般大気測定局

 15局及び山形市内の自動車排出ガス測定局1局で測定を行い、その他の有

 害大気汚染物質については、山形市、酒田市及び川西町の3地点で測定を行

 った。

 ア 大気汚染物質

  ・ 二酸化硫黄、二酸化窒素、一酸化炭素、浮遊粒子状物質、微小粒子状物

   質 (PM2.5)については、測定している全ての測定局で環境基準を達成し

   た。

  ・ 光化学オキシダントは、測定している8測定局全てで環境基準を達成でき

   なかったものの、大気汚染防止法で定める屋外活動の自粛を促す注意報発

   令基準値を下回った。

 イ 有害大気汚染物質

  ・ ベンゼン、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、ジクロロメタンの4物

   質について、測定を行った3地点全てで環境基準を達成した。

 

(2) 酸性雨測定結果

 ・ 山形市及び村山市の2地点で測定を実施し、1年間の全降雨のpH平均値は

  山形市5.18、村山市5.01であり、全国平均(4.77)より酸性度は弱かった。

2 水環境の状況

(1) 公共用水域水質測定結果

  生活環境の保全に関する項目(生活環境項目)のうち、BOD等の一般項目

 については71水域95地点、水生生物の保全に関する項目(水生生物保全項

 目)については11水域13地点で測定を行った。

  また、有害物質等、人の健康の保護に関する項目(健康項目)については、

 59地点で測定を行った。

 ア 生活環境項目

  ・ BOD等一般項目について、類型指定している53水域全てで、環境基準を

   達成した。

  ・ 水生生物保全項目について、類型指定している11水域全てで、環境基準

   を達成した。

 イ 健康項目

  ・ 健康項目(カドミウム、シアン等有害物質26項目)については、59地点で測

   定を行い、58地点で環境基準を達成した。

 

(2) 地下水水質測定結果

 ア 概況調査(地域の全体的な地下水質の状況を2kmメッシュごと把握する調

   査)

  ・ 山形市及び最上地区の32地点において調査を実施した結果、山形市飯田

   西地区の1地点で砒素、ふっ素及びほう素が環境基準値を超過した。

 イ 汚染井戸周辺地区調査(アの概況地区調査等により発見された地下水汚

  染について、汚染範囲を確認する調査)

  ・ 平成30年度概況調査により汚染が判明した井戸の周辺38地点で調査を

  実施した結果、環境基準値の超過はなかった。

 ウ 継続監視調査(地下水汚染が確認された地域について、継続的に監視す

  る調査)

  ・ 山形市等19市町村の41地点で実施した結果、砒素が9地点、有機塩素化

  合物が6地点、硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素が4地点、ふっ素が1地点で環

  境基準値を超過した。

 エ 地下水汚染対策調査(汚染物質を除去等の地下水汚染対策を行っている

  地区の水質の調査)

  ・ 5地区36地点で調査を実施した結果、ほぼ横ばいで推移し、3地区8地点で

  環境基準を超過した。

3 ダイオキシン類の状況

(1) 環境中のダイオキシン類測定結果

 ・ 一般的な環境や焼却炉等の発生源周辺におけるダイオキシン類の状況を

  大気、公共用水域(水質、底質)、地下水及び土壌について17市町延べ46地

  点で測定を行った。その結果、全ての地点で環境基準を達成した。

 

(2) 廃棄物焼却炉等の設置者による排ガス中等のダイオキシン類の測定結果

 ・ 報告義務のある91施設のうち88施設から報告があり、測定結果は87施設で

  排出基準を遵守していた。超過1施設は現在施設の使用を休止している。

    なお、報告のなかった3施設については、年度途中に使用を休止したため測

  定を行っていなかった。

平成30年度公表資料

 概要のダウンロード(pdf 125KB)

 全文のダウンロード(pdf 725KB)

  ※6月5日のプレスリリース資料(詳細)につきまして、6ページの「表-11その

    他の有害大気汚染物質の測定結果」を次のとおり修正しております。

  ・水銀及びその化合物(山形十日町):平成30年度0.0018→0.0017

  ・ベリリウム及びその化合物(山形十日町):平成30年度0.0000092→0.0000094

 

過去の公表資料

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成21年8月18日:平成20年度の状況を公開
  • 平成22年7月21日:平成21年度の状況を公開
  • 平成23年8月23日:平成22年度の状況を公開
  • 平成24年8月8日:平成23年度の状況を公開
  • 平成25年8月17日:平成24年度の状況を公開
  • 平成26年8月28日:平成25年度の状況を公開
  • 平成26年12月5日:平成25年度のデータを更新
  • 平成27年9月4日:平成26年度の状況を公開
  • 平成28年9月8日:平成27年度の状況を公開
  • 平成29年8月24日:平成27年度のデータを修正
  • 平成29年9月7日:平成28年度の状況を公開
  • 平成30年9月4日:平成29年度の状況を公開
  • 令和1年6月5日:平成30年度の状況を公表

関連情報