ホーム > 県政運営・地域情報 > 県政基本情報 > 総合計画・国への提案 > 第4次山形県総合発展計画(山形県版総合戦略 第2期)について

第4次山形県総合発展計画(山形県版総合戦略 第2期)について

 「第4次山形県総合発展計画」は、「人と自然がいきいきと調和し、真の豊かさと幸せを実感できる山形」を基本目標とし、県民一人ひとりの希望が実現し、持続的に発展していく県づくりの指針として令和2年3月に策定したもので、「長期構想」及び「実施計画」により構成されています。

 長期構想は、県づくりの基本的な考え方と基本目標、その実現に向けた政策・施策の展開の方向性を示し、実施計画は、長期構想の計画目標を実現するための主要な取組みの方向性を示すとともに、その進行管理のための目標管理やKPI(重要業績評価指標)を設定するものです。

 なお、本計画は、「まち・ひと・しごと創生法」に基づく山形県版まち・ひと・しごと創生総合戦略としての性格を有するものとなります。

 また、地方版まち・ひと・しごと創生総合戦略の策定にあたっては、地方人口ビジョンを策定し、人口の現状分析や将来展望を行うこととされております。本県では、平成27年10月に、山形県版まち・ひと・しごと創生総合戦略である「やまがた創生総合戦略」と、地方人口ビジョンとしての「山形県人口ビジョン」を策定したところですが、今般、「山形県人口ビジョン」についても改訂を行いました。

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ