ホーム > 健康・福祉・子育て > 障がい者・障がい児 > 障がい者福祉 > 日常でよく使う手話の紹介

日常でよく使う手話の紹介

山形県手話言語条例の制定

平成29年3月に「山形県手話言語条例」が制定されました。
民の手話に対する理解を深め、手話を使いやすい環境にするための取り組みを行い、手話による豊かなコミュニケーションができる社会の実現を目指していきます。
 
 

山形県手話言語条例施行に係わるミニ研修

手話がどのようなものであるか、手話を用いた動画により説明しています。

手話に関するクイズやあいさつ等の手話に挑戦することにより、手話を知り、体験できる内容となっております。ぜひご覧ください。

 

「山形県手話言語条例施行に係わるミニ研修」のページへ

 

 

 

日常でよく使う手話

日常でよく使われ、会話のきっかけとなる手話を紹介します。
ぜひ、手話の動画をご覧いただき、いろんな場面で使ってみてください。
 
※「NHK福祉ポータルハートネット ワンポイント手話」に掲載されている手話動画へのリンクとなります。
※より多くの方々に手話を知っていただくため、今後県でもオリジナルの手話動画を制作し掲載していく予定です。
 
  
 
◆山形の手話
 手話で山形県の地名と地域の特徴を説明している動画です。
 
 
 

手話を知りたい方へ~山形県聴覚障がい者情報支援センターのご案内~

山形県聴覚障がい者情報支援センターでは、手話通訳者等の聴覚障がい者のコミュニケーションを支援する通訳者の養成等を行っております。
また、市町村においても手話を学びたい方向けの講座を開催しております。
 
詳しくは、山形県聴覚障がい者情報支援センターへお気軽にお問い合せください。
電話・FAX  023-666-7616 
住所 山形市小白川町2-3-30
 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成29年6月23日作成

関連情報