ホーム > 補助・助成・融資 > 農林水産業 > 高収益作物次期作支援交付金について

高収益作物次期作支援交付金について

高収益作物次期作支援交付金について

 新型コロナウイルスの影響による需要の減少により市場価格が低落するなどの影響を受けた野菜・花き・果樹・茶等の高収益作物について、次期作に前向きに取り組む生産者を支援します。

 事業の詳細は、農林水産省ホームページをご覧ください。

 

交付金の概要

支援対象者

対象者は次のいずれにも該当する農業者となります。

・令和2年2月から4月の間に野菜・花き・果樹・茶等の出荷実績がある又は廃棄等により出荷できなかった農業者

 ※5月以降の具体的な品目は、今後国が行う公募の中で設定される予定です。

・収入保険、農業共済等のセーフティネットに加入している又は加入を検討する農業者

支援内容

(1)次期作に前向きに取り組む生産者への支援

 ○野菜、花き、果樹、茶等の高収益作物

  【交付単価】

  10a当たり5万円(中山間地域等では単価を1割加算)

  【交付対象面積】

  国が定める8つの取組項目から2つを実施する面積

 

 ○高集約型経営である施設園芸

  【交付単価】

  ・施設栽培の花き、大葉、わさび:10a当たり80万円

  ・施設栽培のマンゴー、おうとう、ぶどう:10a当たり25万円

  ※1 加温装置(空調装置)又はかん水装置がある施設が対象となります(雨よけハウスは除く。)。

  ※2 中山間地域等の1割加算はありません。

  【交付対象面積】

  国が定める7つの取組項目から2つを実施する面積

  ※ 10a当たり80万円の交付の場合、取組項目のうち、品目・品種等の導入に取り組むことが必要となります。

 

(2)新たな品種や新技術の導入等の取組への支援

  【交付単価】

  10a当たり2万円(中山間地域等では単価を1割加算)

  【交付対象面積】

  国が定める3つの取組類型ごとの取組面積

 

(3)厳選出荷に取り組む生産者への支援

  【交付単価】

  1人1日当たり2,200円

  【交付対象】

  令和2年2月以降に高品質なものを厳選して出荷する取組

  【対象品目】

  花き、茶、施設栽培の大葉、わさび、マンゴー、おうとう及びぶどう

申請書提出・お問合せ先 

 市町村・JA等からなる地域農業再生協議会を窓口として申請を受け付け、県農業再生協議会が申請書をとりまとめて東北農政局へ提出します。

申請の流れ

農業者 → 地域農業再生協議会(市町村) → 県農業再生協議会 → 東北農政局

申請書類

(1)交付金申請書(zip(Word)12.9kB)

(2)取組計画書(Excel31.4kB)

(3)参考様式(Excel34.0kB)

(4)出荷実績を確認できる領収書、納品書等

(5)交付金振込先口座申出書(zip(Word)13.8kB)

【参考】

取組計画書記入例(Excel41.2kB)

参考

パンフレット(PDF667.7kB)

高収益作物次期作支援交付金Q&A(未定稿)(令和2年7月16日現在)(PDF259.7kB)

高収益作物次期作支援交付金の取組例(PDF132.2kB)

 

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ