ホーム > 補助・助成・融資 > 教育・文化・スポーツ・NPO > 「2019年やまがた公益大賞」の受賞団体について

「2019年やまがた公益大賞」の受賞団体について

 「2019年やまがた公益大賞」の受賞3団体(グランプリ:1団体、大賞:2団体)が決定し、令和2年3月27日(金)に授賞式を行いました。

 ◎ 2019年やまがた公益大賞グランプリ

特定非営利活動法人ふれあいにこにこの丘(山形市)

2019グランプリ受賞 NPO法人ふれあいにこにこの丘 

活動名:自助・互助活動が広がるみんなが主役の居場所づくり事業

活動概要

  元気な高齢者や地域住民が支援を必要とする高齢者の生活支援活動に参画し、地域住民が交流する「居場所」を運営、自助・互助の地域づくりに貢献しています。
 また、行政等と連携し、担い手育成、地域モデルづくりに取組み、ノウハウの提供、他地域での居場所づくりに対するサポート支援を行っています。

 

● 2019年やまがた公益大賞

西遊佐地区まちづくりの会(遊佐町)

 2019受賞 西遊佐地区まちづくりの会  

活動名:エプロンサービス

活動概要

 65歳以上が約4割を占める西遊佐地区において、高齢者世帯等を対象に、食事作り、除雪、ゴミ出し等の生活支援サービスを提供しています。

 地区内の住民がサポーターとして参画し、コーディネーターが調整のうえ、行政、社会福祉協議会等と連携しながら地域で支え合う取組みを推進しています。

 

おいで、おおえ(大江町)

 おいで、おおえ  

活動名:山形県大江町の情報発信を軸とした地域のトータルディレクション

活動概要

 大江町と町に暮らす人々の飾らない魅力を独自に取材し、ホームページ、SNS、ラジオ等、様々な媒体で発信しています。

 また、空き家の活用や町内への移住を促進するイベントの開催、町のお土産品開発等の事業を展開しています。

 

 

※顕彰区分「やまがた公益大賞」の団体は、応募順に記載しています。

 

 

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ