ホーム > 知事室 > 知事メッセージ > 大会や催しでのあいさつ > 大会や催しでのあいさつ 2009年 > 「第3回みやぎ・やまがた 地域を超えてチャレンジする女性の交流会」知事応援メッセージ

「第3回みやぎ・やまがた 地域を超えてチャレンジする女性の交流会」知事応援メッセージ

知事室タイトル

「第3回みやぎ・やまがた 地域を超えてチャレンジする女性の交流会」知事応援メッセージ

平成21年2月22日

本日は、宮城・山形両県から、多くの女性の皆さんにお集まりいただき、誠にありがとうございます。

今回で3回目となる宮城・山形女性交流会を、ここ山形で盛大に開催できることを大変嬉しく思っております。

地域を元気にするためには、色々な場面で我々女性の知恵や感性、力をもっと積極的に活かしていくことが必要だと、常日頃強く感じております。

私も山形県初、そして東北でも初めての女性知事として注目されておりますが、その注目をプラスに変えていくこと、まさに、本日の第一部のテーマにあります、「地域の元気はおんなが創る」、これが重要だと考えております。

そのためにも、女性の皆様がもっと活躍できる環境づくりに取り組んでまいりたいと思っております。

また、宮城県と山形県とは県都同士が隣り合う、全国でも数少ない隣県です。両県が観光面で手を取り合って国内外からの誘客に取り組むなど、色々な面で力を合わせていくことが大変重要となっております。

このような中、「仙山線」や国道113号・通称「おとぎ街道」など、県境間をつなぐ鉄道や街道において、沿線・沿道の資源を活かした活動は年々活発化しています。

私は、県政で最も大切なのは、常に「県民」の目線に立って、県民の皆様が真に必要とする政策を実行していくことだと考えておりますので、山形県としても、こうした両県県民の県境を超えた活動を積極的に応援していきたいと考えております。

私も、ここにいらっしゃる元気な女性の皆さんとともに力を合わせ、元気な宮城・山形を創っていきたいと思っております。御一緒に両県地域を盛り上げていきましょう。

最後に、本日は、両県の女性の皆さんが語り合い、交流できる、大変貴重な会となっており、ここでの出会いは、皆様にとって今後、大きな財産となることと存じます。

この、多くの仲間との出会いによって、新しい何かを発見していただき、またチャレンジの一歩を踏み出していただけるよう祈念し、私の挨拶とさせていただきます。

ありがとうございました。


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成21年2月26日掲載