ホーム > 知事室 > 知事メッセージ > 談話・コメント・訓示 > 談話・コメント・訓示 2019年 > 天皇陛下の御退位にあたって 知事謹話

天皇陛下の御退位にあたって 知事謹話

知事室タイトル

 

平成31年4月30日

 
 天皇陛下におかれましては、日本国及び日本国民統合の象徴として、その御即位以来、皇后陛下とともに、常に国民に寄り添われ、まさに全身全霊をもってそのお務めを果たしてこられました。
 
 平成は、長引く不況や頻発する災害など、幾多の困難も有する時代でありましたが、天皇皇后両陛下は、御公務でお忙しい中でも、常に国の安寧と国民の幸福を願われ、国民とともに歩んでこられました。その真摯でお優しいお姿に、改めて深い感銘を覚えるとともに、心からの感謝を申し上げます。
 
 天皇皇后両陛下におかれましては、御在位中、四度、本県に行幸啓いただき、多くの県民と御交流いただきました。深く刻まれた御来県の記憶に思いを致し、県民とともに、重ねて感謝申し上げます。
 
 本日をもって御退位されますが、これからも温かいまなざしで国民を見守っていただき、皇后陛下と御一緒に、幾久しくお健やかにお過ごしくださることを心からお祈り申し上げます。

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 31年4月30日掲載