ホーム > 知事室 > 知事メッセージ > 談話・コメント・訓示 > 談話・コメント・訓示 2018年 > 平成29年産米の食味ランキング結果公表に関する知事コメント

平成29年産米の食味ランキング結果公表に関する知事コメント

知事室タイトル

 

平成30年2月28日

 
 29年産はイネが稔る時期において低温傾向となり「冷害」に近い状況の中にあって、生産者の皆様と一丸となって高品質・良質米の生産に取り組んできました。
 
 今回のランキング結果を見ますと、「つや姫」が、デビュー以来8年連続して最高の特A評価を獲得し、大変喜ばしく思っているところです。
 
 一方、「はえぬき」については、関係機関が一丸となって特A獲得に向けた取組みを進めてまいりました。残念ながら、期待した結果とはなりませんでしたが、29年産「はえぬき」は、業界からの引き合いも多く販売も好調とお聞きしているところです。結果を真摯に受け止め、日本穀物検定協会から情報をお伺いしながら、次年産米への取組みを検討してまいります。
 
 また、参考品種として12品種がエントリーされていましたが、本県の新品種「雪若丸」については、最高の特A評価となり、今年の本格デビューに向け、大きく弾みがつく結果となりました。なお、特A評価を受けたのは12品種中4品種でありました。
 
 今後とも消費者や実需者の皆様からの信頼や期待に応えられるよう、生産者の皆様、関係機関の皆様と一緒になって、本県産米の評価向上に努めてまいります。
 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成30年2月28日掲載