ホーム > 知事室 > 知事メッセージ > 談話・コメント・訓示 > 談話・コメント・訓示 2017年 > 高レベル放射性廃棄物の最終処分に関する知事コメント

高レベル放射性廃棄物の最終処分に関する知事コメント

知事室タイトル

 

 

平成29年7月28日 

 

 本日、経済産業省から、高レベル放射性廃棄物の最終処分に関する「科学的特性マップ」が提示されました。

 

 この「科学的特性マップ」は、高レベル放射性廃棄物の地層処分に関係する地域の科学的特性を、既存の全国データに基づき一定の要件・基準に従って客観的に整理し、全国地図に色分けした形で示したものと伺っています。

 

 本県については、置賜を中心に内陸部の一部が「好ましい特性が確認できる可能性が相対的に高い」地域(グリーン)とされ、庄内沿岸南部では、加えて「輸送面でも好ましい」地域(グリーン沿岸部)とされています。

 

 本県としては、東日本大震災の原発事故に伴い、今なお避難者を受け入れていることや、原発事故に伴う風評被害が未だ完全に払しょくされていないことなどから、高レベル放射性廃棄物の地層処分については受け入れる考えがないことを従来から申し上げているところです。この度公表された「科学的特性マップ」は、それぞれの地域が処分場所として相応しい科学的特性を有するかどうかを確定的に示すものではなく、処分場所を選定するまでには、「科学的特性マップ」に含まれていない要素も含めて、法律に基づき段階的に調査・評価していくとのことでありますので、引き続き、政府の動きを注視してまいります。

 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション