ホーム > 知事室 > 知事メッセージ > 談話・コメント・訓示 > 談話・コメント・訓示 2016年 > 県立高等学校教員の教員免許状不所持による任用無効に関する知事コメント

県立高等学校教員の教員免許状不所持による任用無効に関する知事コメント

知事室タイトル

 

平成28年2月22日

 
 県立高等学校において、法律上必要とされる教員免許状を持たない教員がいたことについては、前代未聞のことと非常に驚いております。
 
 長年にわたり多くの生徒や保護者を裏切り続けてきたのみならず、本県の教育関係者にも著しい動揺を与え、これまで築き上げてきた本県の学校教育全体への信頼をも大きく揺るがすもので、極めて残念であり、教育に携わる者としてあるまじき行為です。
 
 教育委員会には、教員採用時や免許更新時における教員免許制度に関する基本的な確認をより徹底するとともに、明日の山形を担う子どもたちの教育に自覚と責任を持ってしっかりと取り組み、県民からの信頼の回復に努めてもらいたいと思います。

 

 

 

 

 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 28年2月22日掲載