ホーム > 知事室 > 知事メッセージ > 談話・コメント・訓示 > 談話・コメント・訓示 2016年 > 北朝鮮によるミサイル発射について 知事コメント

北朝鮮によるミサイル発射について 知事コメント

知事室タイトル

 

平成28年2月7日

 
 本日9時31分頃、北朝鮮西岸から南に向かって弾道ミサイルが発射され、沖縄県の上空を通過後、9時45分頃、本邦の南約2000kmの太平洋上に落下したものと推定されます。
 
 北朝鮮がミサイル発射を強行したことは、国連安全保障理事会決議に違反し、自制を求める国際社会の声を無視したものであり、極めて遺憾であります。
 国際平和を乱し、県民・国民を不安に陥れるこうした暴挙がなされたことは、断じて容認されるものではありません。政府には断固とした対応をとられるよう求めるものであります。
 
 なお、本県では、直ちに、関係情報を各市町村や関係機関に伝達するとともに、本県関係船舶の安全を確認いたしました。
 
 県としましては、引き続き関係情報を収集し、県民の安全・安心の確保に努めてまいります。
 

 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 28年2月8日掲載