ホーム > 知事室 > 知事メッセージ > 談話・コメント・訓示 > 談話・コメント・訓示 2016年 > 山形~名古屋(小牧)便の2便運航について 知事コメント

山形~名古屋(小牧)便の2便運航について 知事コメント

知事室タイトル

 

平成28年1月20日

 
 この度、平成28年3月27日(夏ダイヤ)から、山形~名古屋便の2便運航が決定されました。
 
 山形~名古屋便につきましては、平成26年3月にフジドリームエアラインズ(FDA)が3年半ぶりに就航しましたが、中京圏と取引のある企業や観光関係者等から滞在時間が長くとれる2便化の要望を多く頂戴しておりました。
 こうした声を受けて県といたしましては、三重県等と連携した「西の伊勢参り・東の出羽三山参り」等の新たな観光需要の創出や、山形・中京圏双方の自動車関連企業に利用を働きかけるなど山形~名古屋便の利用拡大に努めてまいりました。
 更に、私自身も先月、静岡市内のFDA本社にお伺いして、2便運航を要請したところであります。
 
 県はじめ関係者の皆様と一体となった取組みが実り、本県にとっては、「12年ぶりの名古屋2便運航」であり、「山形~羽田便の2便運航3年延長」に続き、年末から大変嬉しいニュースが続いており、関係者の皆様には心から御礼を申し上げます。
 
 本県は東北随一の産業・ものづくり県であります。日帰りが可能となることから、2便化をきっかけに自動車産業をはじめ、日本のものづくりの拠点である中京圏と本県企業のビジネスが更に促進されるものと考えております。
 また、地方創生に向けて交流人口の更なる拡大が求められる中で、山形、中京圏それぞれの観光資源をアピールし、両地域を中心に、より一層の観光交流に繋げて参りたいと考えておりますので、県民の皆様の更なるご利用をお願いいたします。
 

 

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 28年1月20日掲載