年度別活動一覧 活動内容の紹介 メニュー終了

活動内容の紹介

人材育成関係

平成22年度一覧 | 平成21年度一覧 | 平成20年度一覧
平成22年度人材育成事業の紹介

ハイブリッド車分解実践研修

 山形県は、平成22年5月12日・13日に、山形県村山総合支庁北庁舎(村山市)で「ハイブリッド車分解実践研修」を開催しました。
  この研修は、県内企業の自動車部品の取引拡大・新規参入に向け、次世代自動車として急速に普及が進んでいるハイブリッド車特有の機能・構造について学習するもので、県内企業の技術者等13社24名が参加しました。
  研修では、(株)サンコーテクノネット(愛知県豊田市)の技監でトヨタ自動車(株)OBの飛田宏氏を講師にお招きし、トヨタ・プリウス(先代モデル中古車)のエンジン、モーター、コントロールユニット等を参加者自らの手で単品部品まで分解して、ハイブリッドシステムに関する理解を深めました。
  併せて、山形トヨペット(株)の協力により、新型プリウスと先代プリウスの比較試乗を行い、ハイブリッド技術の進化についても確認しました。
また、研修で分解したハイブリッドシステム部品は、6月に山形県自動車部品ライブラリー「アクセル」に追加展示されました。「アクセル」では、展示部品を活用した自動車部品研修を6月と9月に開催するとともに、7月には米沢市で、12月には鶴岡市で出前研修を開催しました。
  「アクセル」は工業高校の課外学習にも活用されており、22年度は延べ8校、268名が参加しています。
自動車部品ライブラリーでの研修
自動車部品ライブラリーでの研修
ハイブリッド車分解実践研修
ハイブリッド車分解実践研修

ハイブリッド車分解実践研修
ハイブリッド車分解実践研修
ハイブリッド車分解実践研修
ハイブリッド車分解実践研修

組込みソフトウェア開発技術者研修

 山形県の企業・教育機関と協力し組込みソフトウェア開発技術者研修を実施しました。
山形県の組込みソフト開発技術者研修はNPO法人SESSMEの協力を得て実施しております。
  今年はこれまでで初めて、初級コース(平成22年7月29日・30日、8月5日・6日)、中級コース(平成22年9月24日・25日、10月3日・4日・16日)において、昨年度にSESSMEの認定を受けた山形県内の講師である、伊藤電子工業(株) 犬養勝敏氏、(株)YCC情報システム 齋藤秀和氏、鶴岡高等工業専門学校 佐藤淳氏から講師を務めていただきました。
  また、今年度新たにSESSMEの山形県講師の認定を初級2名、中級2名の方から取得していただきました。
  来年度以降も地元の企業や教育機関の皆様から協力をいただき人材育成事業へ取組んでまいります。
伊藤電子(株) 犬養勝敏 氏
伊藤電子(株) 犬養勝敏 氏
(株)YCC情報システム 齋藤秀和 氏
(株)YCC情報システム 齋藤秀和 氏

高度設計技術者の養成

 東北地方への立地が進みつつある自動車関連産業に対し、地域企業が受注拡大を図っていくためには、自動車関連産業において主流となっている3次元技術に基づく高度設計・解析ソフトウェアの普及促進を図るとともに、地域企業の将来を担う若手・中核的技術者が、それらの高度なソフトウェアの操作技術に習熟し、実践的に活用する能力を身につけることが求められています。
  このため、(財)山形県産業技術振興機構と山形県では、高度設計技術者を養成するための研修及びセミナーを開催しています。
  これらの取組みにより、高度な設計能力を持つ技術者が養成されるとともに、地域企業に高度設計・解析ソフトウェアの導入が進んでいます。
(1)3D-CAD操作技術研修(平成22年10月~11月開催)
  ・自動車産業において主流となっているハイエンド3次元CAD「CATIA V5」の操作研修
  ・6日間、10名参加
(2)小型精密金型設計研修(平成22年10月開催)
  ・樹脂部品の小型精密金型製作を効率化するハイエンド解析ソフトウェア「MoldFlow」の操作研修
  ・2日間、10名参加
(3)CAE研修(平成23年1月開催)
  ・ミドルレンジ3次元CAD「Solidworks」のCAE機能を使用した有限要素解析、機構運動解析の学習
  ・7日間、15名参加
(4)デジタルエンジニアリングセミナー(平成22年8月開催)
  ・地域中小企業への3次元技術導入への理解を深めるため、製造業における3次元モノづくりの重要性 や課題について学ぶセミナー
  ・ソリッドワークス・ジャパン(株)、ダッソー・システムズ(株)、アイリスオーヤマ(株)等
  ・企業技術者及び産業技術短期大学校学生 101名参加
3D-CAD操作技術研修
3D-CAD操作技術研修
デジタルエンジニアリングセミナー
デジタルエンジニアリングセミナー


飛躍する地元企業を知るバスツアー(教員等企業交流講座)

 (財)山形県産業技術振興機構と山形県は、平成22年10月4日に「飛躍する地元企業を知るバスツアー(教員等企業交流講座)」を開催しました。このバスツアーは、県内企業(製造業)経営者と教育現場の大学、短大、高校の教員等が直接意見交換を行うことにより交流を促進し、ものづくり人材の育成に向けた課題を共有することを目的とするものです。
  当日は、山形大学大学院理工学研究科の松田修教授のコーディネートのもと、山形大学、山形産業技術短期大学校、工業高校から参加した20名の教員等が、(株)ハイテックシステム(山形市)と佐藤繊維(株)(寒河江市)を訪問しました。
 (株)ハイテックシステムは、デジタルサイネージ製品等の開発を行うエンベデット事業と、ネットワーク構築・監視・保守等を行うネットワーク事業を2本の柱として飛躍的な成長を遂げており、県内の学校や公所へ多くの導入実績があります。
始業前、毎朝社員全員で社内の清掃活動を行い、更に毎日30分の朝礼を実施するなど、人材育成に力を入れている企業としても知られています。訪問時には、参加した教員等も一緒に朝礼に参加してその緊張感に触れるとともに、土屋浩代表取締役より、自ら物事に燃え上がることができる人材の育成が会社の目標であるとの説明を受けました。
 佐藤繊維(株)は、紡績部門を中心にニット製造部門、アパレル部門へと進出したのち、下請け型からの脱却を図って、2001年にオリジナルブランドでニューヨークデビュー、更には2009年のオバマ米大統領の就任式及びノーベル平和賞授賞式でミシェル夫人が着用したカーディガンに佐藤繊維の製造した糸が使用されていたことで世界の注目を集めるなど、まさに山形から世界へと飛躍している企業です。訪問時には、糸作り工場及びニット製造工場を見学するとともに、佐藤正樹代表取締役社長にものづくりに賭ける気概や地方の中小企業の持つ大きな可能性についてお話をいただきました。
 両社長の熱い思いやコーディネーターの松田教授のアドバイスを受け、参加した教員等からは、教育現場で活かせる様々な気付きが得られたとの声が寄せられました。
(株)ハイテックシステム代表取締役 土屋 浩 氏
(株)ハイテックシステム代表取締役 土屋 浩 氏
佐藤繊維(株)代表取締役社長 佐藤正樹 氏
佐藤繊維(株)代表取締役社長 佐藤正樹 氏

地域活性化協働プログラム講演会

 平成22年5月10日、県とマイクロソフト(株)は、IT技術の利活用の促進を通した地域活性化を目指して連携していくことで合意し、「地域活性化協働プログラム」に関する覚書を締結しました。このことを記念して、
「地域活性化協働プログラム講演会」を山形県高度技術研究開発センターで開催しました。
  この講演会では、マイクロソフト(株)代表執行役社長の樋口泰行氏より「テクノロジが開く未来」と題し、マイクロソフトのビジネスの動向や企業市民活動、更に自身の経験を踏まえた企業人としてのあり方などについてご講演をいただきました。
大手IT企業のトップによる講演ということもあり、山形県産業技術短期大学校の学生をはじめ250名の方より参加いただき、会場は超満員となりました。
 参加者からは、「マイクロソフト社の通常知ることができない取り組みを 知ることができて良かった。」、「次世代IT技術の紹介は大変興味深かっ た。」などの感想が寄せられました。
マイクロソフト(株)代表取締役社長 樋口泰行 氏
マイクロソフト(株)代表取締役社長 樋口泰行 氏
地域活性化協働プログラム講演会
地域活性化協働プログラム講演会

地域中小企業魅力発見事業“山形で自分をみつける夏”

 (財)山形県産業技術振興機構、山形大学工学部と山形県は、平成22年9月13日から17日の5日間の日程で、「地域中小企業魅力発見事業"山形で自分をみつける夏"」を開催しました。この事業は、学生の大企業や関東圏への志向が強く、地域企業への関心が低いことから、学生が地域企業を訪問し、工場見学及び経営者との意見交換を行うことで学生の地域企業への理解を促進し、地域企業の高度人材の確保に結びつけることを目的に開催したものです。
  そして、学生の皆さんには、
(1)日本の産業を支える地域産業の経営者等との話の中から、普段の大学生活では味わえない刺激を受けることによって、これまで気がつかなかった自分の中の能力を発掘すると同時に、補わなければならない能力を認識する。
(2)チームで協力して課題に取り組むという体験によって、社会で必要となるチームで働く力を身につける
という目標を持ってこの事業に参加してもらいました。この目標を達成するために、当事業は3泊4日の合宿付きで、山形大学大学院理工学研究科松田修教授と柴田孝教授等からのアドバイスを受けながら深夜までミーティングが行われました。発言力が増し、日に日に学生の皆さんの姿が逞しくなるのが印象的でした。
  この事業にご協力いただいた県内企業は10社で、会社の理念や求める人材等について、参加した学生にとってはとても参考になるお話をしていただきました。また、ハツラツと仕事をしている従業員の皆さんと接し、「ものづくりの魅力」について考え、理解を深めているようでした。
地域中小企業魅力発見事業
地域中小企業魅力発見事業
地域中小企業魅力発見事業
地域中小企業魅力発見事業

平成22年度人材育成事業一覧

ものづくり人材育成研修

課程名 デジタルエンジニアリングセミナ-
研修時期 平成22年8月 開催場所 山形市
定員 制限なし
研修内容 短時間で高付加価値な製品の製造する手法の1つである『デジタルエンジニアリング』について、最先端の状況を紹介。
課程名 自動車部品分解実践研修
研修時期 平成22年9月 開催場所 山形市
定員 20名
研修内容 自動車1台を分解することにより、自動車部品について学習する研修会。
課程名 3D-CAD研修
研修時期 平成22年10月~11月 開催場所 山形市
定員 10名
研修内容 「CATIA V5」の基本的な知識と3Dモデリングの概念を学び、実践的なトレーニングを通じて、操作技術を修得する。
課程名 樹脂金型高度解析研修
研修時期 平成22年10月 開催場所 山形市
定員 10名
研修内容 光学部品や電子部品などの小型精密樹脂成形金型作製において、反りやひけ、熱伝導や流動性などの解析技術を取得する。
課程名 CAE研修
研修時期 平成23年1月 開催場所 山形市
定員 10名
研修内容 自動車関連産業で活用されている3D-CAD及びCADに解析機能を組み込んだCAEの研修。
課程名 現場で役立つ実践的品質管理
研修時期 平成22年10月 開催場所 米沢市
定員 15名
研修内容 現場で有用な品質管理手法を出来る限り実践を踏まえ演習し、問題解決力を身につける。
課程名 経営革新現場指導会
研修時期 平成22年10月 開催場所 米沢市
定員 20名
研修内容 ものづくり企業の生産現場において、「経営革新現場指導会」を開催。
課程名 現場で学ぶ体験的生産革新
研修時期 平成22年10月 開催場所 米沢市
定員 15名
研修内容 「トヨタ生産方式(TPS)」を座学、先進事例見学及び現場実習。
課程名 組込み開発プロジェクト研修
研修時期 平成22年9月 開催場所 米沢市
定員 10名
研修内容 プログラミング言語等の技術スキルを修得するだけでなく、組込み機器開発における開発工程を体験することにより、プロジェクトを意識した組込みのマネジメントについても理解する。
課程名 初歩から学ぶシーケンス制御基礎
研修時期 平成22年10月 開催場所 米沢市
定員 10名
研修内容 生産現場などで活躍する各種自動機や工作機械を制御する技術を実践的に学ぶ。
課程名 米沢地域共通鉛フリーはんだ付け技術認定1級・2級
研修時期 平成22年11月 開催場所 米沢市
定員 15名
研修内容 はんだ付けの基礎理論を座学で学んだ後、地域企業のはんだ付けスペシャリス トによる実技指導。
課程名 最新ファインピッチ表面実装技術
研修時期 平成22年12月 開催場所 米沢市
定員 15名
研修内容 表面実装技術にフォーカスした最新技術習得講座。
課程名 現場管理者養成講座
研修時期 平成22年9月~12月 開催場所 鶴岡市
定員 15名
研修内容 モノづくりの長として、これからの経営環境の変化に対応した、経営メンバーの一員としての考え方、ビジネススキル・知識やマネジメント力等の現場管理者に必要な知識・技能を習得します。
課程名 改善基盤づくり実践講座
研修時期 平成22年9月~11月 開催場所 鶴岡市
定員 15名
研修内容 トヨタ生産方式による製造現場のムダ取り手法を学習し、生産現場での実地研修を行います。座学により手法を学ぶ「トヨタ式強い生産現場づくり講座」と共に受講することをお勧めします。
課程名 トヨタ式強い生産現場づくり講座
研修時期 平成22年10月~11月 開催場所 鶴岡市
定員 15名
研修内容 トヨタ式の生産現場(工場)の流れを俯瞰しながら、ジャストインタイムと自動化といったトヨタ生産方式の2本の柱や、自社に導入するための手法を、座学をとおして学びます。実践講座である「改善基盤づくり実践講座」と一緒に受講することをお勧めします。
課程名 電磁気基礎講座
研修時期 平成22年9月 開催場所 鶴岡市
定員 12名
研修内容 電荷と電場、磁気の性質、磁気回路、電磁誘導などの電磁気学の基礎知識を習得する事を目的とした講座です。
課程名 鉄鋼・材料力学基礎講座
研修時期 平成22年9月~11月 開催場所 鶴岡市
定員 12名
研修内容 機械の多くは鉄鋼材料から作られています。本講座では、鉄鋼材料の生い立ちを知り、適材を適所に選定すること、また、鉄鋼材料の基本的な変形を概算することができるようになることを目指します。
課程名 伝導装置・ロボット基礎講座
研修時期 平成22年10月~11月 開催場所 鶴岡市
定員  
研修内容 メカトロ機器の機械設計に必要となる伝導装置について、部品選定の手法を習得します。
課程名 センサ技術講座
研修時期 平成22年10月~12月 開催場所 鶴岡市
定員  
研修内容 センサの知識を人間の感覚と対応させながら習得します。基本的なセンサの利用方法と代表的なセンサの回路設計を学びます。
課程名 ディジタル信号処理講座
研修時期 平成22年11月 開催場所 鶴岡市
定員  
研修内容 本講座では、デジタル信号処理の概要を学び、信号の処理手順や表現方法などの習得を目指します。
課程名 回路設計講座
研修時期 平成22年8月~9月 開催場所 鶴岡市
定員 12名
研修内容 本講座では、電気・電子回路の基礎を学びます。電子部品の特性と、電子回路(アナログ・デジタル)の構成や働きを学習し、電子回路の設計と実習を行います。
課程名 シーケンス制御基礎講座(8月講座)
研修時期 平成22年8月~9月 開催場所 鶴岡市
定員 5名
研修内容 シーケンス制御は製造装置の自動化に伴い、日本の産業界において欠かせないものとなっています。
本講座では、シーケンス制御の基礎的な事項について学び、また、機材を使った回路を作成し、シーケンス制御回路プログラムの作成と動作確認を行います。
課程名 シーケンス制御基礎講座(11月講座)
研修時期 平成22年11月~12月 開催場所 鶴岡市
定員 5名
研修内容 シーケンス制御は製造装置の自動化に伴い、日本の産業界において欠かせないものとなっています。
本講座では、シーケンス制御の基礎的な事項について学び、また、機材を使った回路を作成し、シーケンス制御回路プログラムの作成と動作確認を行います。
課程名 制御システム基礎講座
研修時期 平成22年11月~12月 開催場所 鶴岡市
定員  
研修内容 本講座では、メカトロニクス・ロボット制御に基本を習得することを目的としています。システムの捉え方、設計や解析の手法について学習します。
課程名 組込みシステム講座
研修時期 平成22年9月~11月 開催場所 鶴岡市
定員 10名
研修内容 組込みソフトウェアの開発手法・開発環境の使い方や開発演習をとおして、組込みシステムの基礎を学びます。
課程名 3次元データ活用講座
研修時期 平成22年12月 開催場所 鶴岡市
定員 5名
研修内容 3D-CADの基本を学びながら、2次元データの3次元モデリング、3次元データの変換・修復等、セットメーカーから3次元データを受けて、設計・生産・管理の現場で実践的に活用できる技術を習得します。使用ソフトウェアは、〔ZW3D(VXCAD/CAM)〕を使用します。
〔研修時間:7時間×3日=21時間コース〕
課程名 3D-CAD/CAM基礎講座
研修時期 平成23年1月 開催場所 鶴岡市
定員 5名
研修内容 モデリング機能、アセンブリ、金型設計支援、製図等のCAD機能と5軸まで対応したCAM機能を備えた統合型CAD/CAMソフト〔ZW3D(VXCAD/CAM)〕を使用し、製品開発、設備設計、金型製造など、デザイン工程から加工工程までの一連の3次元CAD/CAM設計の基礎を習得します。最後は実習で学んだデータ等を使い、加工機での加工実習を行います。
〔研修時間:7時間×4日=28時間コース〕
課程名 3D-CAD基礎講座(9月講座)
研修時期 平成22年9月 開催場所 鶴岡市
定員 5名
研修内容 3次元CADの設計実務で必要な基礎を学び、パーツ・アセンブリ・図面等の基本操作を習得します。ソフトウェアは汎用ミッドレンジ「SolidWorks」を使用します。
課程名 3D-CAD基礎講座(10月講座)
研修時期 平成22年10月 開催場所 鶴岡市
定員 5名
研修内容 3次元CADの設計実務で必要な基礎を学び、パーツ・アセンブリ・図面等の基本操作を習得します。ソフトウェアは汎用ミッドレンジ「SolidWorks」を使用します。
課程名 3D-CAD基礎講座(2月講座)
研修時期 平成23年2月 開催場所 鶴岡市
定員 5名
研修内容 3次元CADの設計実務で必要な基礎を学び、パーツ・アセンブリ・図面等の基本操作を習得します。ソフトウェアは汎用ミッドレンジ「SolidWorks」を使用します。
課程名 3D-CAD応用講座(11月講座)
研修時期 平成22年11月 開催場所 鶴岡市
定員 5名
研修内容 単に図面を描くトレーサー、オペレータではなく、製品の機能、製造工程や設計プロセスを理解し、それに応じた特定部品の設計ができる3次元設計技術者の育成をめざし、アセンブリ、サーフェス等の複雑曲面を含むモデリング演習に重点をおいたワンランク上の使い方を習得する。
課程名 3D-CAD応用講座(2月講座)
研修時期 平成23年2月~3月 開催場所 鶴岡市
定員 5名
研修内容 単に図面を描くトレーサー、オペレータではなく、製品の機能、製造工程や設計プロセスを理解し、それに応じた特定部品の設計ができる3次元設計技術者の育成をめざし、アセンブリ、サーフェス等の複雑曲面を含むモデリング演習に重点をおいたワンランク上の使い方を習得する。

組込技術者養成講座

課程名 入門コース(1)
研修時期 平成22年5月 開催場所 山形市
定員 10名
研修内容 本格的なC言語プログラミングを修得するための基礎固め。
課程名 入門コース(2)
研修時期 平成22年5月 開催場所 山形市
定員 10名
研修内容 組込みプログラミングで多用される、ポインタや構造体を中心にC言語プログラミングの基礎を習得。
課程名 入門コース(3)
研修時期 平成22年6月 開催場所 山形市
定員 10名
研修内容 組込み技術で必要な電子技術の基礎とセンサやモータ等とマイクロコンピュータの仲介を行うインタフェース技術の基礎を中心にセンサなどの入力機器の電気信号をマイコンで取り込むような実習などを交えて理解を深める。
課程名 入門コース(4)
研修時期 平成22年6月 開催場所 山形市
定員 10名
研修内容 C言語を用いた画像ファイルの扱い方について解説しながら、講義と実習をセットで行いアルゴリズムからプログラムを作成できるようにする。
課程名 入門コース(5)
研修時期 平成22年7月 開催場所 山形市
定員 10名
研修内容 実際に機器に組込まれたり、組込み技術の学習に用いられる事の多いH8マイコンの特徴と開発環境について学習し、マイコンのプログラミング開発手順を体験しながら、マイコン技術と組込みプログラミングの基礎を習得。
課程名 初級コース
研修時期 平成22年7月~8月 開催場所 山形市
定員 15名
研修内容 品質を意識したC言語プログラミング作法、プログラムからハードウェアにアクセスする方法などを学び、マイコンボードを使ってプログラミングの演習を行う。
課程名 開発演習1コース
研修時期 平成22年8月 開催場所 山形市
定員 10名
研修内容 組込みソフトウエア開発で広く用いられているC言語とマイクロコンピュータ学習キットを用い、組込みソフトウエア開発の基本形であるクロス開発の手法や開発環境の操作法を習得。
課程名 リアルタイムOSコース
研修時期 平成22年9月 開催場所 山形市
定員 10名
研修内容 シングルチップ・マイコン用リアルタイムOS(SmalightOS) 導入のための基礎知識とシステム設計手法を実機を用いた実践設計、開発の機会を提供。
課程名 中級コース
研修時期 平成22年9月~10月 開催場所 山形市
定員 10名
研修内容 組込み開発の中堅技術者にステップアップするための必須スキル領域を俯瞰するとともに、設計技術、テスト技術を重点的に学ぶ。
課程名 開発演習2コース
研修時期 平成22年11月 開催場所 山形市
定員 10名
研修内容 自動車教育機材を用いて、自動車のワイパーやヘッドライトなどをマイクロコンピュータで制御するためのソフトウエア開発演習。
課程名 総合開発演習コース
研修時期 平成22年11月~12月 開催場所 山形市
定員 12名
研修内容 これから組込みソフトウェア開発や組込みモデリング開発に取り組まれる方に対し、組込みソフトウェアの設計から実装、テストの全開発工程を実践。
課程名 管理技術者コース
研修時期 平成23年1月 開催場所 山形市
定員 10名
研修内容 品質を軸に、見積りと計画、リスク管理をはじめとるすプロジェクト管理技術について学ぶ。
課程名 プロジェクトマネジメントコース
研修時期 平成23年2月 開催場所 山形市
定員 12名
研修内容 あるシステムを開発するという、擬似的プロジェクトを元に (1)計画の作成(スケジュール計画・品質計画)、(2)進捗の管理(WBSなどの管理手法)、(3)リスク分析 を実習ベースで研修。

平成21年度人材育成事業一覧

1 【管理者マネジメント力向上事業】

課程名 人材育成啓発セミナー
研修時期 平成22年2月 開催場所 山形市
参加者 135名×1日×1回
研修内容 人材育成に関する講演会
講演:「人と組織の活力向上 ~よいモノづくりはよい人づくりから~」
講師:トヨタ自動車株式会社 TQM推進部 主査 平井勝利氏
【事例紹介】
(1)米沢電線株式会社(米沢市)
(2)ミクロン精密株式会社(山形市)
(3)株式会社山本製作所(天童市)

2 【ものづくり基盤技術普及促進事業】

課程名 デジタルエンジニアリングセミナー
研修時期 平成21年8月 開催場所 山形市
参加者 71名×1日×1回
研修内容 デジタルエンジニアリング技術の普及・活用促進に向けた講演会。

3 【新技術・新工法等技術者スキルアップ事業】

課程名 自動車部品構造・機能実践研修
(1)エンジン・ミッション系  (2)足回り・ボディ系
研修時期 平成21年9月~10月 開催場所 村山市
参加者 (1)22名×2日×2回  (2)30名×1日×1回
研修内容 専門的知識を有する指導者の指導の下、自動車部品(モジュール品)の単品部品レベルまでの分解や、各構成部品の材質、加工形状、機能等の現物学習により、各部品の構造・機能の理解の向上と自社技術を応用した新たな機能部品やより優れた部品の提案力の養成を図る。
課程名 CAD/CAE高度設計解析技術養成講座
(1)自動車産業等に対応した3D-CADシステム活用研修
研修時期 平成21年11月 開催場所 山形市
参加者 (1)10名×2日×1回 (2)10名×2日×1回
研修内容 自動車メーカーで使用されている3D-CADソフト「CATIA」を活用した設計技術の基礎を習得する。
課程名 CAD/CAE高度設計解析技術養成講座
(2)CAEを活用したものづくり基礎研修
研修時期 平成21年12月 開催場所 山形市
参加者 8名×2日×1回
研修内容 製造解析ソフトウェアの活用による製品の高度化と高能率化に関する基礎知識・基礎技術を習得する。
課程名 CAD/CAE高度設計解析技術養成講座
(3)小型精密樹脂成形金型における高度設計解析技術研修
研修時期 平成21年12月 開催場所 山形市
参加者 10名×2日×1回
研修内容 樹脂成形用金型・部品の設計や生産に関する技術力の向上を図るため、実製品のCADデータを用いた樹脂流動解析、金型冷却解析などのCAE技術の基礎を習得する。
課程名 高密度実装技術関連講座
(1)最新極小高密度実装技術講座
研修時期 平成21年12月~3月 開催場所 米沢市
参加者 6名×4日×1回
研修内容 高密度実装技術、極小サイズチップ部品等実装技術の理論、実務、最新技術動向など。
課程名 高密度実装技術関連講座
(2)お客様の安全を守る設計手法(FMEA/FTA)講座
研修時期 平成22年2月 開催場所 米沢市
参加者 13名×2日×1回
研修内容 電子部品、電子機器を対象としたFMEA、FTAの理論と活用。
課程名 高密度実装技術関連講座
(3)メカトロニクス講座
研修時期 平成22年2月 開催場所 米沢市
参加者 7名×4日×1回
研修内容 メカトロニクスの基礎である電子回路設計及び機械設計の基礎から信頼性評価まで。
課程名 生産改善能力向上講座
(1)品質管理・TQM関連講座
研修時期 平成21年10月~11月 開催場所 米沢市
参加者 16名×8日×1回
研修内容 生産管理力向上に向けたデータのまとめ方とその活用、QCサークル活動、TQMなど。
課程名 生産改善能力向上講座
(2)生産革新関連講座
研修時期 平成21年10月~11月 開催場所 米沢市
参加者 18名×10日×1回
研修内容 トヨタ生産方式についてのセル生産ライン製作実習、先進工場視察、製造ラインの改善実習。
課程名 マーケティング関連技術講座
研修時期 平成22年1月~3月 開催場所 米沢市
参加者 18名×5日×1回
研修内容 顧客ニーズにマッチした製品作りに必要なマーケティング戦略や解析ツールについて学び、企画・設計・販売に活用する。

4 【次世代人材養成自動車分解組立講座】

課程名 自動車のしくみ体験講座
研修時期 平成21年8月 開催場所 山形市
参加者 18名×2日×1回
研修内容 実際の部品等を用いて自動車部品の仕組みや働きなどを分かりやすく説明し、その理解を深めることで、自動車部品技術やものづくり技術への関心を高める。

5 【産学連携交流促進事業】

課程名 教員等企業調査交流事業
研修時期 平成21年8月 開催場所 山形市
参加者 18名×1日×1回
研修内容 県内企業関係者と高等学校教員等との交流を促進し、ものづくり人材の育成に向けた課題を共有する。

6 【組込み技術者養成事業】

課程名 開発演習1コース
研修時期 平成21年9月 開催場所 山形市
参加者 10名×2日×1回
研修内容 ハードウェア入出力を伴う基礎的なプログラミング演習。
課程名 開発演習2コース
研修時期 平成21年11月 開催場所 山形市
参加者 12名×2日×1回
研修内容 グループ形式での開発演習。
課程名 総合開発演習コース
研修時期 平成22年1月 開催場所 山形市
参加者 11名×3日×2回
研修内容 要求分析から設計、実装、テストまでの開発プロセス全体を通して行うプロジェクト開発型の総合演習を行い、開発全体の流れを把握するとともに、プロジェクトの一員として開発に携わるために必要なスキルを身につける。
課程名 管理技術者コース
研修時期 平成22年2月 開催場所 山形市
参加者 9名×2日×1回
研修内容 プロジェクト管理、開発技術。

7 電気系基盤技術者養成講座

課程名 電子回路基礎講座
研修時期 平成21年10月~11月 開催場所 鶴岡市
参加者 12名
研修内容 基本的な電子部品とその特性を理解し、電子回路(ディジタル、アナログ、センサなど)はどんなしくみで、どのように動いているのか。その原理と基礎を学習します。
課程名 電気回路基礎講座
研修時期 平成21年10月~11月 開催場所 鶴岡市
参加者 12名
研修内容 基本的な電子部品とその特性を理解し、電子回路(ディジタル、アナログ、センサなど)はどんなしくみで、どのように動いているのか。その原理と基礎を学習します。
課程名 電磁気基礎講座
研修時期 平成21年11月~12月 開催場所 鶴岡市
参加者 12名
研修内容 電磁気の性質、磁気回路、電磁誘導などの電磁気学の基礎知識を習得します。電磁気の基礎を習得することで、基本的な電気系の技術活動ができるようになることを目指します。
課程名 シーケンス制御基礎講座
研修時期 (1)平成21年10月~11月 (2)平成21年11月~12月 開催場所 鶴岡市
参加者 (1)5名 (2)5名
研修内容 自動化ラインに組み込まれた機器の多くには、その信頼性の高さからシ―ケンス制御が広く用いられています。本講座では、シーケンス制御の基礎から始めていきます。
課程名 モーター基礎講座
研修時期 平成22年1月 開催場所 鶴岡市
参加者 15名
研修内容 小型モーター全般の種類と特徴、高精度な位置決め機構に用いられるステッピングモーターの基礎的な内容(特徴、構造、動作原理、特性の見え方など)から、低振動化技術および運転条件の設定方法までを理解する。
課程名 半導体基礎講座
研修時期 平成22年1月 開催場所 鶴岡市
参加者 15名
研修内容 「半導体とは何?」の疑問に答えます。本講座では半導体の技術、製造の仕組み、製品の応用分野などの基礎的なところの理解を推し進めることができます。

8 機械系基盤技術者養成講座

課程名 鉄鋼材料基礎講座
研修時期 平成21年10月 開催場所 鶴岡市
参加者 15名
研修内容 金属の一般的な性質を基礎から学びながら、産業製品の基盤となる鉄鋼材料の特性を理解し、鉄鋼材料の強度を高める曲げ加工や熱処理の知識を習得します。
課程名 機械塑性加工法基礎講座
研修時期 平成21年10月~11月 開催場所 鶴岡市
参加者 15名
研修内容 金属の塑性加工の基礎を理解します。切削加工に比べた塑性加工の特徴を学んだ後、各種加工方法(せん断、曲げ、深絞り、押出し、鍛造等)ついて習得します。
課程名 機械・締結基礎講座
研修時期 平成21年11月~12月 開催場所 鶴岡市
参加者 15名
研修内容 機械基礎では、力学基礎を学ぶ。締結基礎では、ねじの材質、種類、測定方法を理解し、機械設計に役立つ知識を習得します。
課程名 真空基礎講座
研修時期 平成22年1月 開催場所 鶴岡市
参加者 15名
研修内容 真空の原理、真空機器の仕組み・機能・用途の基礎知識を習得する。

9 3D-CAD技術者養成講座

課程名 IT活用ものづくりセミナー
研修時期 平成21年9月 開催場所 鶴岡市
参加者 30名
研修内容 電子機械製造業の経営者・設計管理者の方々を主な対象に、3次元設計システムの導入、活用状況等について、最新且つ具体的な事例を交えながらご紹介してまいります。
課程名 3D-CAD基礎講座
研修時期 (1)平成21年10月 
(2)平成21年11月~12月
(3)平成22年1月
開催場所 鶴岡市
参加者 (1)5名 (2)5名 (3)5名
研修内容 メーカー導入シェアNo.1のミッドレンジ3D-CADソフト「SolidWork」の設計実務で必要な基本操作を習得するための短期集中講座です。ソフトウェアは、「SolidWork2009」バージョンです。
課程名 3次元データ活用基礎講座
研修時期 (1)平成21年10月~11月
(2)平成22年2月
開催場所 鶴岡市
参加者 (1)5名
(2)5名
研修内容 3次元の設計実務で必要な基本操作と3次元データを設計・生産・管理の現場で実践的に活用できる技術を習得します。データ修正、NCデータ生成、最後は加工機による切削加工が体験できます。ソフトウェアは、試作・金型・冶工具設計用の統合3D-CAD/CAMソフト「VX CAD/CAM」(VX社)を使用します。

10 生産改善技術者養成講座

課程名 品質管理入門講座
研修時期 (1)平成21年9月~12月
(2)平成21年10月~11月
開催場所 酒田市
鶴岡市
参加者 (1)10名
(2)10名
研修内容 QC7つ道具を使って改善活動を行うことにより、あらゆる業務の管理・改善を実践する基礎的手法・総論について学習します。
課程名 統計的品質管理講座
研修時期 平成21年11月~1月 開催場所 鶴岡市
参加者 10名
研修内容 検定や推定、相関・回帰など、やや高度な統計的品質管理手法を用いて品質管理特性を解析し、品質管理及び改善について、理解し実践していくための具体的手法について学習します。
課程名 TPM実践講座
研修時期 平成22年1月 開催場所 鶴岡市
参加者 10名
研修内容 この講座では、5S・改善活動・基本条件整備等をベースに、生産性向上・企業体質改善の手法について講義と実践とで学んでいきます。

11 経営人材養成講座

課程名 トヨタ流 改善に学ぶリーダーシップ講座
研修時期 平成22年1月 開催場所 鶴岡市
参加者 20名
研修内容 トヨタ流改善活動と通して、組織変革・目標達成のためのリーダー行動・発言、マネジメント手法や、具体的な実務場面における効果的な活用手法等を学習していきます。
課程名 経営に活かす 管理会計講座
研修時期 平成22年2月 開催場所 鶴岡市
参加者 20名
研修内容 管理会計の全体像を理解しながら、具体的な実務場面における活用のポイントやデフレ経済における戦略的経営の在り方についても紹介していきます。

平成20年度人材育成事業一覧

1 先導的プロジェクトに係る新事業進出支援事業

事業名 先導的プロジェクトに係るワークショップ
(1)精密加工技術関係
(2)有機EL関係
時期 平成21年2月 開催場所 山形市
参加人数×日数×回数 (1)17名×1日×1回
(2)21名×1日×1回
内容 「超精密加工テクノロジープロジェクト」や「山形有機エレクトロニクスバレー構想」等の先導的プロジェクトに県を挙げて取り組んでいる。これらのプロジェクトを推進する指定集積業種関連の高付加価値製品の開発及び新産業の創出に対応するため、本集積区域内企業による超精密加工及び有機エレクトロニクス関連の新事業への意欲的な取組みを紹介し、関係者が各々の立場から技術・周辺ノウハウ等の課題を抽出するとともにその解決方法を一体となって図るワークショップを実施し、幅広い視点から製品開発及び新産業の創出に対応し得る人材育成を支援する。

2 ものづくり基盤技術高度化人材育成事業

事業名 人材育成啓発セミナー
時期 平成21年3月 開催場所 山形市
参加人数×日数×回数 52名×1日×1回
内容 企業の将来を決定する研究開発、市場開拓、人材育成について、管理層の意識改革をはかる【講演会】
講演:「速さを極める技術の創造的開発戦略と人材育成 ―超高速画像処理と超高速ロボットを例に―」
講師:石川正俊 氏 
東京大学大学院情報理工学系研究科創造情報学専攻教授
事業名 自動車部品構造・機能 基礎セミナー
時期 平成20年11月 開催場所 山形市
参加人数×日数×回数 60名×1日×1回
内容 県内自動車関連企業、自動車産業への参入を希望する企業を対象に、自動車を構成する単品部品毎の機能を学習する専門家のセミナー。
事業名 自動車部品構造・機能 実践セミナー
(1)エンジン・トランスミッション
(2)シャーシ(足廻り)、ボディ・内外装
時期 平成20年11月~12月 開催場所 村山市
参加人数×日数×回数 (1)18名×2日×1回
(2)17名×2日×1回
内容 専門的知識を有する指導者の指導の下、自動車部品(モジュール品)を単品部品レベルまで分解し、各構成部品の材質、加工形状、機能等を現物で学習する実践研修を行い、自社技術を応用した新たな機能部品やより優れた部品の提案力の養成を図る。分解は、主要部品5種(エンジン系、吸排気系、足回り系、ミッション系、ボディ系)について実施。
事業名 CAEを活用したものづくり基礎研修
時期 平成21年2月 開催場所 山形市
参加人数×日数×回数 9名×2日×1回
内容 構造解析を中心としたCAE解析技術、3D-CADを活用することで、ものづくりの基礎習得のための研修を実施。(使用ソフトウェア:ANSYS DesignSpace)
事業名 自動車産業等に対応した3D-CADシステム活用研修
時期 平成21年1月 開催場所 山形市
参加人数×日数×回数 10名×2日×2回
内容 隣県への企業立地が著しい大手自動車関連メーカーへ部品供給参入を図るため、自動車、産業で大きな実績を誇るCATIAのCADシステムを用いた研修を実施。(使用ソフトウェア:CATIA V5)
事業名 樹脂成形品の高度設計解析技術研修(CAE)
時期 平成21年2月 開催場所 山形市
参加人数×日数×回数 10名×2日×1回
内容 光学部品や電子部品など小型精密金型作製において、熱伝導や流動性などの解析技術を習得するための研修を実施。(使用ソフトウェア:Moldflow)
事業名 高密度実装国際規格対応研修
時期 平成20年10月 開催場所 米沢市
参加人数×日数×回数 6名×3日×1回
内容 車載機器のはんだ付け信頼性・実装技術、FMA・FMTの理論と活用に関する実践演習の研修を実施。
事業名 極小サイズ・ファインピッチ実装技術研修
時期 平成20年12月 開催場所 米沢市
参加人数×日数×回数 10名×3日×1回
内容 極小サイズ電子部品の実装工程要素技術、実装機器メーカーの最先端工場の視察などの研修を実施。
事業名 最新高密度実装技術研修
時期 平成20年12月 開催場所 米沢市
参加人数×日数×回数 7名×1日×1回
内容 鉛フリーはんだ等の表面実装技術にテーマを絞り、情報家電の分解研修を取り入れることにより、配線技術、設計事例等について実践的な学習を実施。
事業名 新規ユニット関連電気設計講座
時期 平成21年2月 開催場所 米沢市
参加人数×日数×回数 6名×4日×1回
内容 電子部品(トランジスタ、IC、センサー等)を教材とした実践的な研修を実施。
事業名 品質管理・TQM関連講座
時期 平成20年10月~11月 開催場所 米沢市
参加人数×日数×回数 13名×10日×1回
内容 データのまとめ方とその活用、QCサークル活動、TQMなどの研修を実施。
事業名 生産革新関連講座
時期 平成21年1月2月 開催場所 米沢市
参加人数×日数×回数 21名×13日×1回
内容 トヨタ生産方式について、生産ライン改善実習、先進工場視察などの研修を実施。
事業名 マーケティング関連技術講座
時期 平成21年1月2月 開催場所 米沢市
参加人数×日数×回数 24名×5日×1回
内容 顧客ニーズにマッチした製品作りに必要なマーケティング戦略や解析ツールについて学び、企画、設計に活用する研修を実施。
事業名 「自動車のしくみとはたらき」体験教室
時期 平成21年2月 開催場所 山形市
参加人数×日数×回数 15名×1日×1回
内容 工業高校生を対象に、自動車部品技術やものづくり技術への関心を高めるために、実際の部品等を用いて自動車部品のしくみや働きなどをわかりやすく説明する研修を実施。

3 組込み技術者育成事業

事業名 組込み人材育成 管理技術者コース
時期 平成21年3月 開催場所 山形市
参加人数×日数×回数 7名×2日×1回
内容 組込みソフトの開発現場において業務上の課題発見・解決をリードできる技術リーダの育成をはかるため、リーダとして身につけるべき必須のスキルを習得する研修を実施。
事業名 組込み人材育成 開発演習1コース
時期 平成20年10月 開催場所 山形市
参加人数×日数×回数 8名×2日×1回
内容 組込みシステムでは必須の技術であるリアルタイムOSの基礎とシステム設計演習の研修を実施。
事業名 組込み人材育成 開発演習2コース
時期 平成20年12月 開催場所 山形市
参加人数×日数×回数 12名×4日×1回
内容 組込み技術のシステム開発が可能な組込み技術者の育成をはかるため、模擬的要求を課題として分析、設計、プログラミング、実装、テスト、プレゼンまで、システム開発の全工程を体験し、プロジェクト形式によるシステム開発の手法を習得する研修を実施。

4 ものづくり基盤技術保全推進事業

事業名 ものづくり基盤技術保全研修会
(1)不正競争防止法を活用した知的財産保護
(2)知的財産(特許)が企業にもたらした効果
時期 (1)平成20年11月
(2)平成21年2月
開催場所 山形市
参加人数×日数×回数 (1)14名×1日×1回
(2)14名×1日×1回
内容 県内で実際に不正競争防止法に係る案件を担当している弁護士から不正競争防止法を活用して知的財産権を保護する手法に関する研修と、時計の文字盤、家電、自動車のロゴ等を独自技術で開発し国際特許を取得し世界市場に製品を供給している経営者から企業活動を円滑に進めるうえで知的財産権の効果に関する研修を実施。
事業名 ものづくり基盤技術保全推進(ヒアリング調査)
時期 平成20年10月~平成21年3月 開催場所 山形市
参加人数×回数 1名×20回
内容 完成品あるいは自社ブランド製品を製造している県内企業20社を対象に、企業競争力の源泉である知的財産権の取得状況、取得の目的、活用方法、権利侵害への対処方法等について担当者から聞き取り調査を行い、個々の企業の現状と課題を把握し、課題解決に向けたアドバイスを行うことにより、担当者の課題解決に向けての意識の醸成を図るとともに、知的財産権に対するスキルアップを支援。

5 業務改善技術を有する人材養成

事業名 品質管理入門講座
時期 平成20年7月~9月 開催場所 鶴岡市
参加人数×日数 9名×5日
内容 QC7つ道具を使って改善活動を行うことにより、あらゆる業務の管理・改善を実践する基礎的手法・総論について学習。
事業名 統計的品質管理講座
時期 平成20年9月~1月 開催場所 鶴岡市
参加人数×日数 5名×7日
内容 検定や推定、相関・回帰など、やや高度な統計的管理手法を用いて品質管理特性を解析し、品質管理及び改善について、理解し実践していくための具体的手法について学習します。
事業名 TPM実践講座
時期 平成21年1月~2月 開催場所 鶴岡市
参加人数×日数 17名×2日
内容 TPM とは、製造企業が持続的に利益を確保できる体質づくりをねらいとして、人材育成や作業改善・設備改善を継続的に実施していく体制と仕組みをつくるためのマネジメント手法です。「全員参加の生産保全・全員参加の生産経営」とも呼ばれています。この思想をベースに、中小規模の工場でも取り組みやすいようにコンパクト化した体質改善プログラムが「C-TPM」です。この講座では、5S・改善活動・基本条件整備等をベースに、生産性向上・企業体質改善の手法について学んでいきます。
事業名 特別セミナー「大野耐一語録に学ぶトヨタ生産方式」
時期 平成20年11月 開催場所 鶴岡市
参加人数×日数 14名×1日
内容 トヨタ関連企業の元工場責任者による「トヨタ生産方式」のエッセンスについて学ぶ。
事業名 改善活動標準化研究会
時期 平成21年3月 開催場所 鶴岡市
参加人数×日数 25名×1日
内容 究極の生産システムとして世界的に高く評価されている「トヨタ生産方式」をもとに、地域製造業の生産現場改善活動を推進し、モノづくりにおける競争力の向上を目的とした参加・実践型の研究会を立ち上げた。

6 専門的知識を有する人材養成

事業名 シーケンサ制御基礎講
時期 平成20年7月~8月、10月 開催場所 鶴岡市
参加人数×日数 5名×8日
内容 自動化ラインに組み込まれた機器の多くには、その信頼性の高さからシーケンサ制御が広く用いられており、シーケンサ制御の基礎から学習していきます。
事業名 機械系3D-CAD入門講座
時期 平成21年1月~2月 開催場所 鶴岡市
参加人数×日数 16名×5日
内容 機械系3D-CADの初心者を対象に、”3D-CADがどういったものか”、 ”3D-CADでどんなことができるのか”実際に操作・体験していただきながら3D-CADの有効な活用方法について理解を深める。(使用ソフトウェア:Solidworks)
事業名 高分子材料講座
時期 平成20年7月~8月 開催場所 鶴岡市
参加人数×日数 5名×3日
内容 プラスチック、ゴム、繊維の構造や物性のほか、接着剤や電子部品としての性質等を学びます。
事業名 鉄鋼材料講座
時期 平成20年10月 開催場所 鶴岡市
参加人数×日数 11名×4日
内容 金属の一般的な性質を基礎から学びながら、産業製品の基盤となる鉄鋼材料の特性を理解し、鉄鋼材料の強度を高める曲げ加工や熱処理の知識を習得します。
事業名 物質・材料の機器分析講座
時期 平成20年10月~11月 開催場所 鶴岡市
参加人数×日数 7名×3日
内容 物質・材料を機器分析する場合の分析対象物質と機器分析方法の選択、分析試料の前処理方法など、具体的な機器分析法について学習します。
事業名 鉛フリーはんだの基礎講座
時期 平成20年7月 開催場所 鶴岡市
参加人数×日数 4名×2日
内容 鉛フリーはんだ化に必要な製造・設計・検査等の管理方法を解説し、実習を通して不良品発生の原因や対策についても学習します。
事業名 照明工学の基礎講座
時期 平成20年11月~12月 開催場所 鶴岡市
参加人数×日数 5名×3日
内容 照明の環境に及ぼす影響や、色の見え方の基礎、各種光源の特徴・長所・短所を学び、使用目的にふさわしい光源を選択できる知識を習得します。

7 ビジネス展開能力を有する人材養成

事業名 貿易実務入門講座
時期 (1)平成20年8月
(2)平成20年9月
開催場所 鶴岡市
参加人数×日数 (1)6名×1日
(2)3名×1日
内容 外国との取引であるがゆえに注意すべきポイントを明確にし、一連の輸出入業務の流れを追いながら用語の解説と手続き上の必須知識を学習する基礎入門講座です。
事業名 貿易文書作成講座
時期 平成20年9月~10月 開催場所 鶴岡市
参加人数×日数 7名×3日
内容 貿易取引には多数の文書や書類(ドキュメンツ)が使用されますが、この講座では、貿易取引の流れの中で最も重要な文書と書類の意味について学習します。簡単な演習も交えた実践講座です。
事業名 初級ビジネス英語講座
時期 平成20年10月~12月 開催場所 鶴岡市
参加人数×日数 10名×10日
内容 ビジネス英語の基礎をやさしく解説しながら、演習も取り入れた実践的な講座です。前半はビジネスe-mailを中心に、後半はオフィスでのビジネス会話に重点をおいて学習していきます。
事業名 産業財産権基礎講座
時期 平成20年8月 開催場所 鶴岡市
参加人数×日数 5名×1日
内容 産業財産権は、工業のみならず産業によって生産される新しい技術、新しいデザインなどの知的財産を保護する役割をもっています。この講座は、産業財産権について、総合的な理解を深め正しい知識を習得します。
事業名 産業財産権検索実習講座
時期 平成20年11月 開催場所 鶴岡市
参加人数×日数 4名×1日
内容 産業財産権の公開情報を収集し、それらをうまく活用するため、実際に特許電子図書館(IPDL)を利用した特許検索の実習を行い、検索のコツと特許公報の読み方のポイントを学びながら、必要な情報をスムーズに探し出す方法を学習します。講座では、実際にパソコンを使用し、実践的に行います。
事業名 経営人材養成講座
時期 平成20年10月~12月 開催場所 鶴岡市
参加人数×日数 10名×5日
内容 『3×4商品開発プログラム』をもとに、仮想の社内プロジェクトを立ち上げ、ステップを踏んで事業をシミュレーションしていきます。”考え”、”仮説を立て”、”検証し”、”視覚化する”…といった演習を通じて、普段なかなか体験することのない商品開発・新規事業創造の仕組みやマネジメントの手法について体系的に学んでいきます。