ホーム > 教育・文化 > 教育・学校 > 専修学校・各種学校 > 山形県若者定着奨学金返還支援事業 ≪募集中≫

山形県若者定着奨学金返還支援事業 ≪募集中≫

  山形県における将来の担い手となる若者の県内定着・回帰を促進するため、県内の高等学校等を卒業した大学生等を対象に、県・市町村・産業界等が連携して奨学金の返還を支援します。

   事業の概要については、以下のチラシ(PDF1.7MB)をご覧ください(画像をクリックするとご覧いただけます)。

         

        2019奨学金表紙

             

 

3つの募集枠について

  当事業は大学等を卒業後に住む市町村で選択する「地方創生枠」及び「市町村連携枠」と就業する業種で選択する「産業団体等連携枠」の3つの募集枠を設けて実施しています。 各募集枠の詳細については、以下をご覧ください。

 

  ○地方創生枠  (募集終了)

  ○市町村連携枠 (市町村ごとに募集中)

 

  ○産業団体等連携枠 (募集終了) 

      ※ 登録企業の情報はこちらからご覧いただけます。 ⇒ 登録企業等一覧(PDF 251 KB)

 

 

※3つの募集枠いずれも以下の職種は対象外となっています。

  (1)公務員  (2)医師  (3)看護師  (4)介護福祉士  (5)保育士

  ((2)から(5)の職種を目指す方については、別途、県の修学資金制度があります。詳細は以下をご覧ください。)

  

≪参考_1≫ 医師、看護師、介護福祉士、保育士を目指す場合の支援制度

 医師、看護師、介護福祉士、保育士を目指す場合については、以下の支援制度があります。

 各支援制度の内容については、各担当課にお問合せください。

 

  ○【医師】 山形県医師修学資金貸与制度

  ○【看護師】 山形県看護職員修学資金貸与事業

   担当:地域医療対策課(医師・看護師確保対策室) 電話番号: 023-630-2258

  

  ○【介護福祉士】 山形県介護福祉士修学資金貸付事業

   担当:山形県社会福祉協議会 電話番号:023-633-7739

 

  ○【保育士】 山形県保育士修学資金貸与事業

   担当:山形県社会福祉協議会 電話番号:023-633-7739

 

≪参考_2≫ 返還支援までの流れ

返還支援までに必要な手続き、返還支援の時期についてはこちらをご覧ください。 ⇒ 返還支援までの流れ

 

 

≪参考_3≫助成候補者の認定取消の猶予について

 本事業の助成候補者が県内企業等に就業したものの、就業先の都合により県外の事業所に配属された場合には、申請により助成候補者の認定取消が猶予される場合があります。

 詳しくは、以下のリーフレットなどをご覧ください。

 

 ・山形県若者定着奨学金返還支援事業における助成候補者の認定取消の猶予について(リーフレット) (PDF 198 KB)

 ・認定取消の猶予の流れ (PDF 61 KB)

 ・山形県若者定着奨学金返還支援事業における助成候補者の認定取消の猶予に係る事務取扱要領 (PDF 115 KB)

 ・申請様式等(ZIP 42KB)

 ・Q&A (PDF 235 KB)

 

産業団体・企業の皆様からのご寄附について

 「産業団体等連携枠」の実施にあたり、産業団体や企業等の皆様からのご寄附を募集しております。詳細については、「【山形県若者定着奨学金返還支援事業】 産業団体・企業の皆様からのご寄附を募集します」をご覧ください。

 

 ◆ 事業の実施にあたっては、次の企業・団体からご寄附をいただいております。

 株式会社山形銀行    株式会社きらやか銀行    株式会社荘内銀行     山形県信用金庫協会     山形県信用組合協会

 

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2016-02-18 作成
  • 2017-08-03 ページ内構成変更
  • 2017-12-25 地方創生枠29年度募集開始
  • 2018-01-26 一部修正
  • 2018-09-11 一部修正(チラシなど)
  • 2018-12-18 地方創生枠30年度募集開始
  • 2019-01-07 産業団体等連携枠募集開始
  • 2019-04-09 地方創生枠、産業団体等連携枠2次開始
  • 2019-05-21 地方創生枠募集終了、産業団体等連携枠2次募集継続(6月14日(金))
  • 2019-07-18 令和元年度のチラシに更新

関連情報