ホーム > 教育・文化 > 教育・学校 > 中学校 > 第7回科学の甲子園ジュニア全国大会山形県2次予選について

第7回科学の甲子園ジュニア全国大会山形県2次予選について

令和元年9月29日(日)に、山形大学 基盤教育3号館において、「第7回科学の甲子園ジュニア全国大会山形県2次予選」が行われました。

8月中旬に行われた1次予選を突破した5チームが、実験や工作を含む実技競技に挑戦しました。

 

【2次予選出場チーム】

酒田市立第一中学校チーム

県立東桜学館中学校Aチーム

県立東桜学館中学校Bチーム

山形大学附属中学校Aチーム

山形大学附属中学校Cチーム

 

1次予選の筆記競技(300点満点)と、2次予選の実技競技(実験系、総合系各300点満点)の結果、総合成績は以下のようになりました。

 

【総合成績】

優勝  県立東桜学館中学校Aチーム

第2位  山形大学附属中学校Cチーム

第3位  山形大学附属中学校Aチーム

第4位  酒田市立第一中学校チーム

第5位  県立東桜学館中学校Bチーム

 

県立東桜学館中学校Aチームが優勝し、12月6日(金)~8日(日)に茨城県つくば市で行われる全国大会への出場権を得ました。

 

2次予選の様子

【開会式】 緊張の面持ちで話を聞いていました。
開会式
 
【実験系競技】 身近な道具を使って、4種類の物質が混じった混合物の組成(質量%)をできるだけ短い時間で、正確に求める競技です。
 実験系・東桜実験系・酒一実験系・附属 
 
【総合系競技】 瓶の中におもりを詰めて、規定の坂道をできるだけゆっくり転がる瓶と、できるだけ速く転がる瓶の2種類を作る競技です。
 総合系・東桜総合系・酒一総合系・附属 
 
【閉会式・講評】 山形大学の先生方から講評をいただきました。
講評
 
 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ